ホーム > mixiニュース > トレンド > 大阪メトロ、2024年度までに全駅チケットレス化へ 顔認証導入

大阪メトロ、2024年度までに全駅チケットレス化へ 顔認証導入

6

2019年04月19日 21:21  Traicy

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Traicy

写真写真

大阪メトロは2024年度を目処に、顔認証によるチケットレス化を全駅に導入すると発表した。

同社が4月19日に発表した中期経営計画(2018〜2025年度)によると、駅改札において顔認証によるチケットレス化を進める。具体的には、利用客が事前に顔写真を登録すると、きっぷやICカードを使わずに改札機を通過できるようにする。今年度中に実証実験を開始し、2024年度に全駅へ導入し、長期的にはゲートレス化を目指す。

また、同時期にと駅ナカ・地下街でのキャッシュレス化にも着手。今年度から商業施設・利便施設で顔認証の実証実験を行い、2024年度までにキャッシュレス化を展開するとしている。

このニュースに関するつぶやき

  • 顔が登録されてない人・キャッシュレスの恩恵を受けれない人には大阪メトロに乗れなくなる「排除」に繋がりかねず、不特定多数の人のいる交通機関ではプリペイドで乗車可能システムとの併用が必要。
    • イイネ!0
    • コメント 2件
  • 年寄りが「皆が通過してるから」自分も通れると思って、改札機に止められ訳が分からず駅員を怒鳴りつける未来が…。 外国人は…そのままムリヤリ通過するだろうな…。特に中国韓国あたり…。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定