ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 井端氏が『いい場面で投げられる可能性がある』と評価した投手は?

井端氏が『いい場面で投げられる可能性がある』と評価した投手は?

0

2019年04月20日 10:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める井端弘和氏
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める井端弘和氏
 19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 阪神−巨人戦』で解説を務めた井端弘和氏が、プロ初登板を果たした阪神のドラフト4位・齋藤友貴哉について語った。

 6回からマウンドにあがった齋藤は、先頭の丸佳浩にいきなり四球を与えたが、井端氏は「ボール自体は非常に速い球を投げていますし、重そうな球。この球がコントロールできたときには、一軍で十分活躍できるピッチャーだと思いますし、いい場面で投げられる可能性は十分にあると思います」と評価。

 続く、ビヤヌエバを右飛に打ち取ると、「この速さで多少、手元で変化していると思いますし、今のも若干外に滑っていったり、そのボールが落ちたりしていますので、非常にバッターにとっては打ちにくいのかなと思います」と話した。

 齋藤は岡本に四球を与え一、二塁のピンチを招いたが、亀井善行を空振り三振、ゲレーロを二飛に打ち取った。続く7回も走者を出しながら無失点でしのぎ、プロ初登板は2回を1安打、2奪三振、3四死球、無失点という投球内容だった。

 井端氏は「投げっぷりもいいですし、ランナーが出てからスピードガン的には落ちるんですけど、腕の振りは非常にいい。もう少しコントロールをつけたり、ウイニングショットを投げられるようになれば、本当に勝ちゲームでも投げられると思いますし、セットアッパー、クローザーも十分考えられるピッチャーだと思います」と期待を寄せていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定