ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > TikTok、新たにペアレンタルコントロール機能を実装 子どものアプリ使用を保護者が管理可能に

TikTok、新たにペアレンタルコントロール機能を実装 子どものアプリ使用を保護者が管理可能に

0

2019年04月20日 13:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真TikTokアプリの使用時間を制限する「使用時間制限モード」
TikTokアプリの使用時間を制限する「使用時間制限モード」

 ショートムービー共有アプリ「TikTok」は4月19日、同アプリを利用する子どもと保護者に向けた安全機能として 「ペアレンタルコントロール(保護者管理)」機能を実装。未成年ユーザーに不適切だと思われるコンテンツの表示制限などを、保護者側のアプリからコントロールできるようになります。



【画像:設定方法を画像で見る】



 主な機能としては、コンテンツの表示を制限する「使用制限モード」、アプリの利用時間を40分〜120分の間で設定できる「使用時間制限モード」、ダイレクトメッセージを送信できる人の範囲を設定する「DM管理モード」の3つ。それぞれのアカウントをリンクすることで機能の設定が可能です。



 やり方は、まずTikTokアプリ内の「設定」から「デジタルウェルビーイング」に進み、「ペアレンタルコントロール」の設定画面へ。同機能を有効化するボタン「今すぐリンク」をタップして表示されるQRコードを、子ども側のスマホからTikTokアプリ内の「QRコードスキャナー(星型マークタブの右上にある)」を使って読み取り、内容に同意することで保護者管理機能が使えるようになります。



 なお、同機能を設定すると、別のアカウントを使うといった行為を抑制するため、TikTokからログアウトができないようになります。また意図しないペアレンタルコントロールの連動時は、子ども側からTikTokに異議を申し立てることが可能。その場合、設定した相手にその子どもとの関係を証明することを求めるメッセージが届き、確認が取れない場合には連携が無効化されます。


    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定