ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 関西2府8県の観光PR動画に海外から「美しい」「行きたい」の声 没入感がすごいハイパーラプスを多用した8K映像に反響

関西2府8県の観光PR動画に海外から「美しい」「行きたい」の声 没入感がすごいハイパーラプスを多用した8K映像に反響

7

2019年04月20日 18:37  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真京都「八坂」(動画より)
京都「八坂」(動画より)

 観光名所の多い関西2府8県を、色鮮やかに、かつハイパーラプスを多用した8K映像で紹介する観光PR動画がYouTubeで人気を集めています。再生回数は公開から約1カ月で400万回を超えており、コメントでは「美しい」「行きたい」と海外からの声が寄せられています。



【画像】和歌山「熊野古道」



 訪日外国人観光客に向けて制作された同動画。関西2府8県(福井県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、徳島県)それぞれの観光地で撮影され、京都の「伏見稲荷大社」から始まり、和歌山「熊野古道」、鳥取「鳥取砂丘」、徳島「祖谷の落合集落」、大阪「道頓堀」など、歴史的建造物から美しい自然、そしてにぎやかな街並みまでがギュッと詰まった内容となっています。ハイパーラプスによる生き生きとした映像で案内するような展開がワクワクする。



 動画では「芸術作品」という声もあるように、ナレーションや字幕がなく、音楽とその場の環境音だけなので、時間を忘れて静かにうっとりと美しい映像に集中できます。代わりに説明欄ですべての場所の地名等を紹介しており、それぞれの再生時間に飛んで見直せるようになっています。そのチャプターが30個以上あることからも、どれだけ魅力的なスポットがあるかが伝わってくる……!



 動画を制作した経緯や撮影時のエピソードなどについて、関西観光本部の担当者にお話を伺いました。



 世界でも類を見ない「観光資源のショーケース」である“KANSAI”の魅力をグローバルに訴求するのに「ハイクオリティーなWeb動画が最も適している」と判断。訪日検討者が関西を訪問したいと感じてもらえる動画を目指し、これまで釧路市PR動画や与論島PR動画などを手がけている永川優樹さんに企画・制作をお願いし、言語なしで伝わって没入できる映像、そして8Kという高画質にこだわったとのこと。



 気になる撮影地の選定方法については、Googleの検索結果によるデータを反映させており、他にも「訪日検討者に対する観光コンテンツ需要調査結果」「欧米豪の興味関心トレンド分類」から、需要性の高いテーマを各エリアから3つ前後選んでいったそうです。またそこには「2府8県の広域周遊を促進させる」といった目的もあるとのこと。



 プロジェクトは201812月から始動し、実際の撮影期間は今年の2月下旬〜3月初旬の約3週間。「曇天・雨天が多いバットコンデション」だったそうですが、「魅力的な観光資源を永川さんチームが見事に撮り切ってくれた」と担当者。さらに公開後の再生数には「正に想定外の実数に驚いています」と驚きを語り、好意的な声の多さや「お金をためて行きます!」「必ず行きます!」といった実行動へ直結するコメントに手応えを感じているそうです。



 関西観光本部は、新しいポータルサイト「KANSAI GUIDE」を3月末にオープン。今回の観光動画をトップに掲載することで関心を引きつけ、また欧米豪の約3000サンプルに対して実施したモニター調査の結果を反映したコンテンツを掲載。「The Exciting Journey, KANSAI(=ワクワク、ドキドキするような周遊を楽しめるエリア)」の実現に向けてチャレンジします。


このニュースに関するつぶやき

  • その「美しい」に敬意を評し、景観などを壊さない配慮ができる方ならウェルカムだけどね・・ただ「来る」だけが目的で、現地で傍若無人に振る舞うような連中はアウト
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 支那と朝鮮人は来るな���ʥѡ���
    • イイネ!26
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ニュース設定