ホーム > mixiニュース > トレンド > 京成電鉄「平成⇒令和 記念イブニングライナー」&「令和号」運行

京成電鉄「平成⇒令和 記念イブニングライナー」&「令和号」運行

5

2019年04月20日 18:52  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
京成電鉄と京成トラベルサービスは、4月30日に「平成⇒令和 記念イブニングライナー」、5月1日に臨時列車「令和号」をそれぞれ運行し、各列車を利用する改元記念ツアーを開催する。

「平成⇒令和 記念イブニングライナー」は、運行中に元号が変わる瞬間を迎えることから、通常の営業列車である「イブニングライナー83号」の名称を変更して運行するもの。京成上野駅を23時0分に発車し、京成佐倉〜京成成田間の走行中に改元を迎え、0時12分に成田空港駅に到着する。

乗車した人には、乗車記念カードと「令和」をデザインした「お〜いお茶」ペットボトルを記念品としてプレゼントする。「平成⇒令和 記念イブニングライナー」の特急券は大人410円・小児210円。別途乗車券が必要となる。

臨時列車「令和号」は、「スカイライナー」車両AE形に「令和」ヘッドマークを掲出して運行。京成上野駅から東成田駅まで運行され、これに合わせた記念ツアーとして、「成田山新勝寺参拝コース」「旧成田空港駅(東成田駅)見学コース」の2コースを開催する。

「成田山新勝寺参拝コース」は京成成田駅で「令和号」から下車し、成田山新勝寺で令和初日の御護摩と精進料理を体験する内容。令和の元号・日付入り御朱印と記念お守りが付く。旅行代金は大人5,000円・小児4,200円。

「旧成田空港駅見学コース」は東成田駅まで「令和号」に乗車し、1991年3月まで使用されていた旧成田空港駅ホームで下車。駅構内の見学や写真撮影を行う内容となる。鉄道グッズ・車両廃品の特別販売会も行う。ツアー限定の「令和弁当」と、「天皇陛下御即位記念乗車券」「新元号制定記念乗車券」が付く。旅行代金は大人6,000円・小児5,200円。

両ツアー共通で、ツアーオリジナルの記念ノベルティ(チケットファイル)と「令和」デザインの「お〜いお茶」ペットボトルを参加者にプレゼントする。京成トラベルサービス各店舗、京成トラベルウェブサイトにて申込みを受け付ける。(佐々木康弘)

あなたにおすすめ

ニュース設定