ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 癇癪(かんしゃく)期の3歳の子ども……きょうだい愛で包まれた小さな心の成長

癇癪(かんしゃく)期の3歳の子ども……きょうだい愛で包まれた小さな心の成長

0

2019年04月20日 21:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
5歳の長女と3歳の長男がブロックで遊んでいました。

絶賛・癇癪期の長男は、できないことがあると物にあたり人にあたり、すぐに絶望してしまいます。「もうねぇねとは遊ばない!」と泣き出し大騒ぎ。私はしばらく見ていましたが、長男が落ち着く様子がないのでなだめに入りました。


長女になにかされたわけでもないし、できないもどかしさで怒ってる長男。落ち着かせようとしても、イヤイヤするばかり。それならと、言い方を変えてみたのです。
「そんなに嫌いなら、もうずっと遊べなくてもいいね?」


長男はじっと考えて、涙を堪えて「やだ」と答えました。小さいながらもちゃんと考えて、自分の答えを出せた長男に私が涙。黙って見ていたおねえちゃんは、ちゃんと謝った弟のために、ブロックでおうちを作り渡してくれました。
不器用なきょうだい愛が愛おしくてたまらない出来事で、小さな心の成長が見られた瞬間でした。



文、イラスト・リコロコ

■ママスタセレクトで読む

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定