ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 「マッスルギツネ」登場し話題

ムキムキ老師キツネさん、参戦! “右フック犬”に続く「マッスルギツネ」登場でマッチョ動物の人気過熱

104

2019年04月20日 22:12  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真中央の写真に注目
中央の写真に注目

 高速でパンチを放つ「右フック犬」の人気がネットで過熱する中、今度は強キャラオーラがハンパじゃない「マッスルギツネ」が登場して話題になっています。ライバル登場とか、なにこの胸熱な展開。



【画像:マッスルギツネの解説】



 ムッキムキな豪腕を胸の前で組み、そこに顔を置いてこちらを見つめるマッスルギツネさん。モフモフなのと同時にモリモリな筋肉を感じさせる体格で、そこにキツネさん独特のクールな細目が相まって、“静かなる覇者”とでも呼びたくなるかっこよさです。穴から上半身だけ出しているのか、寝ているのかはわからないけど、身長2メートルはありそう……!



 宮城蔵王キツネ村にて撮影されたキツネさんで、投稿したのはキツネ専門の写真家でブログ「キツネ写真館」を運営しているCONTAさん。今回の写真は2017年11月に公開した動画の切り出しで、太い腕に見えるのは実際にはキツネさんの胴体と尻尾。前後の様子を見ると、2匹のキツネさんが身を寄せ合った姿なのが確認できます。まさか2体合体だったとは……。



 他にもツイートでは、かっこいいだけじゃない、かわいかったり面白かったりなど、さまざまなキツネさんの写真が公開されています。なお、最近では蔵王キツネ村にて「子ぎつね」が初公開されたそうで、まだ小さくてあいらしい“キツネさん幼稚園”な写真も見ることができます。いつかこの子たちもムキムキになるのかな?



 Twitterでは「右フック犬」で盛り上がるタイミングで現れた「マッスルギツネ」だけに、イラストで両者を対決させたり、最強のタッグを組ませたりと、セットで人気に火が付いています。細目なマッスルギツネは、全てを悟った老師な感じが良き。



 ちなみにCONTAさん運営のキツネ写真館ショップでは、販売価格の10%を撮影地近隣の「ネイチャーセンター」や「傷病野生動物保護センター」に寄付する活動として、キツネ界の季刊誌「キツネ界報」をVol.4まで発行。子育ての様子に密着したりと、いろんな面からキツネさんについて特集しています。



画像提供:キツネ写真館(@fox_info_net)さん


このニュースに関するつぶやき

  • 今度は両手か
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これはちょっとムリあるかなー。説明されてようやく見えるレベル。
    • イイネ!24
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(60件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定