ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 中日、3カード連続の勝ち越し! 救援陣力投、ビシエド3安打3打点

中日、3カード連続の勝ち越し! 救援陣力投、ビシエド3安打3打点

4

2019年04月21日 18:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真中日・与田剛監督
中日・与田剛監督
○ 中日 7 − 5 ヤクルト ●
<6回戦・ナゴヤドーム>

 中日は3カード連続の勝ち越し。貯金を再び今季最多の「3」とした。

 中日は初回、2番・京田、3番・大島がそれぞれ安打と盗塁を決め一死二、三塁の好機を作ると、4番・ビシエドが左前への2点適時打を放ち先制。2−1の2回も1番・平田の中前適時打、大島の適時二塁打、ビシエドの左前適時打で5−1とリードを広げた。その後、再び1点差に詰め寄られたものの、5回に5番・アルモンテが左前適時打を放ち6点目。7回には7番・堂上が貴重な適時二塁打を右翼線へ運び、7−4とリードを広げた。

 先発の吉見は3回4失点で降板。打線の援護をもらいながら役割を果たせなかった。それでも4回以降は、佐藤、又吉、谷元、マルティネス、ロドリゲス、鈴木博の6投手が、ヤクルト打線の反撃を1点に抑えた。勝利投手は2番手の佐藤で今季初白星。2点リードの9回を締めた鈴木博は7セーブ目(1敗)をマークした。

 ヤクルトは開幕カードの阪神戦以来となる負け越し。3連勝の巨人に抜かれ首位の座から陥落した。2回5失点の先発・高梨は2敗目(1勝)。打線は4回以降、代打・荒木の1号ソロによる1点に封じられた。

このニュースに関するつぶやき

  • セーブ鈴木博志ってプロ2年目か。セリーグのセーブ数ダントツ。早くもゾンビ野郎を超えたな���դ�
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 我が楽天で色々経験して、中日監督となった与田さん。ファームの試合後快くサインしてくれたのを忘れないし、落合がいた頃は中日ファンだった。今季セでは中日に注目しようɽ���ʴ򤷤���
    • イイネ!1
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定