ホーム > mixiニュース > コラム > 刑務所のティッシュペーパー価格はシャバの5倍! 元女囚が教える「差し入れ屋」事情

刑務所のティッシュペーパー価格はシャバの5倍! 元女囚が教える「差し入れ屋」事情

2

2019年04月21日 19:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真写真

 覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

■ティッシュ800枚が市価の約4.5倍!

 少し前ですが、「大阪刑務所で販売されている日用品の値段が高すぎる」として、大阪弁護士会が刑務所に3月29日付で改善を勧告したというニュースがありました。ワタクシ的には「今さら感」しかないわけですが、ええことですね。もっともっと問題にして、改善してほしいです。

 朝日新聞によると、2011年以降は全国の刑務所や拘置所などで販売委託先(差し入れ屋)が「大手商社系の民間業者」に変更されて、物品や価格が統一されているそうです。ぜんぜん「民間のよさ」が出ていないどころか、値上がりしているというからビックリです。民主党政権時代ですね……。ちなみに民間業者に変わる前は「刑務官OBらの団体」に委託されていました。天下りがやってた時よりも値上がりするなんて、意味わかりませんが。

 「勧告」では、2016年の時点でティッシュ1袋(800枚)が594円(市価の約4.5倍!)で、ほかにも11年と16年の最低価格を比べると、「男性用半袖シャツ」は300円から794円に、「男性用ブリーフ」は306円から702円に値上がりしていて、周辺の市価よりも高額としています。

そもそも刑務作業でもらえる「報奨金」の月額平均が約4,300円ですから、「報奨金に見合わない」として、「価格の見直しを業者と協議するよう刑務所に求めた」そうです。1週間に40時間も働いているのに、1カ月で4,300円ちゅうのもアレですけど。

 この勧告に対して、もちろん法務省は「スーパーマーケットなどとの単純な比較は難しい」と言い切り、「業者と協議のうえ、適正な価格を決めている。受刑者の環境や施設に合わせた」と説明しているそうです。委託先の「民間会社」は共同通信の取材に「コメントしない」と回答していました。

 私も経験あるので、何回か書いてますが、ホンマに差し入れ屋のモノは高いです。ティッシュと下着類以外でも、たとえば缶詰はめっちゃ高いです。保存がきくせいか、フルーツから1万円くらいのカニまで、種類も豊富です。

 まあカニはシャバでも高いし、「大親分のステイタス」的なもので、大親分にだけどっさり届く感じです。普通はあんまり関係ないですね。ミカンの缶詰は、2つで1,500円くらいしていました。たしかに100均で売っているものよりは大きめの高級品なのですが、1人で常温のまま食べるんですから、100均ので十分です。

 食べきれなくても、誰かにあげたら懲罰です。大昔は「牢名主」みたいな存在が他の収容者の食べ物を取り上げていたので、それをさせないようにしているらしいです。今どき、苦手なものを同房者にあげるくらい、ええんちゃうかなと思うんですけどね。

 このほか、ボールペンも100均で「3本100円」で売っているようなのが、1本300円くらいはします。ほとんどぼったくりです。

■安くするにはアレを

さて、なんでこんなに差し入れ屋のモノは高いのでしょうか? まあ獄中(なか)の事情が特殊であることは、ホンマです。

 特に拘置所は、お金さえあれば好きな物を買えますから、同じ品物ならスーパーでもコンビニでも買ってもええはずですが、いろいろ獄中では「制約」があるのです。たとえば自殺防止のために、ジャージーのパンツ、パーカーについているヒモやネクタイは禁止ですし、冷蔵庫がないから、食べ物は常温で保管できるものだけです。こういう細かいことは「指定業者ならわかっている」というのは、たしかにそうかもしれません。

また、布団や座布団の中に脱走用のノコギリなどを隠すことのないように、「ちゃんとした指定業者から買わなアカン」いうのもわかります。でも、これって昔の話ですよね。服のヒモは取ればええし、今は金属探知機もあります。

 「お菓子の袋にシャブを入れている可能性」を言うなら、空港の手荷物検査のアレ(X線スクリーニング)を置けばええですね。差し入れ屋にもうけさせるくらいなら、ぜんぜんアリと思います。荷物検査を機械化して持ち込みを厳しくすれば、業者も入札制にして安いところにできますよ。そしたらティッシュや下着など、安いものを自由に買えます。刑務官も減ってるんですから、この際、もっと機械に頼られてはいかがですか?

中野瑠美(なかの・るみ)
1972年大阪・堺市生まれ。特技は料理。趣味はジェットスキーとゴルフ。『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)や『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)などへの出演でも注目を集める。経営するラウンジ「祭(まつり)」
※この連載が本になりました!

女子刑務所ライフ!』(イースト・プレス)発売中です。

このニュースに関するつぶやき

  • 業者を変えればいいのに。日用品が高いと、月4300円の報酬では買えませんよね。
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定