ホーム > mixiニュース > 海外 > トランプ政権の中東和平案、シナイ半島の譲渡含まず=交渉特別代表

トランプ政権の中東和平案、シナイ半島の譲渡含まず=交渉特別代表

1

2019年04月22日 14:34  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[エルサレム 19日 ロイター] - 米国のトランプ政権で中東和平を担当するグリーンブラット外交交渉特別代表は19日、発表を予定している中東和平案について、エジプトのシナイ半島をパレスチナに譲渡する案は含まれていないと表明した。


中東和平案を巡っては、ガザ地区を地中海沿いに延長し、シナイ半島北部を含む形にする案が盛り込まれるとソーシャルメディアで伝えられており、同代表はこれを否定したとみられる。


グリーンブラット代表はツイッターに「我々の案にシナイ半島(これはエジプトの領土だ)の一部をガザに譲渡することが盛り込まれるという報告を聞いた。これは誤りだ!」と投稿した。


トランプ政権は、イスラエルの新政権発足後、イスラム教の断食月(ラマダン)が明ける6月以降に中東和平案を発表する予定。


関係筋によると、クシュナー大統領上級顧問は17日、すべての関係者が妥協を求められると表明した。

このニュースに関するつぶやき

  • ガザを広げて、イスラエル占領下のパレスチナ人をそこに追い払おうというのでしょうか。エジプトがそんな案を呑むわけがないでしょうね。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定