ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 家政夫のミタゾノ 初回8.2%

『家政夫のミタゾノ』初回8.2%の好スタート 北海道では2ケタ記録

37

2019年04月22日 15:12  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真金曜ナイトドラマ枠の作品としてダントツの高視聴率ドラマとなった『家政夫のミタゾノ』(C)テレビ朝日
金曜ナイトドラマ枠の作品としてダントツの高視聴率ドラマとなった『家政夫のミタゾノ』(C)テレビ朝日
 TOKIOの松岡昌宏が主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』(毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)が19日にスタート。第1話の視聴率は8.2%を獲得し、2016年10月21日に放送された同ドラマのパート1・第1話(8.2%)以来の好成績となった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、特に記載ないものは関東地区のもの)。

【写真】今シーズンは川栄李奈がレギュラー出演

 同ドラマは、松岡ふんする、女装した家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ。16年にパート1、18年4月期にパート2が放送され、今期がパート3となる。

 レギュラーキャストに伊野尾慧&川栄李奈を迎えたパート3の第1話は、個人資産800億円の大富豪宅に派遣された三田園たちが、丹波フーズ会長・丹波(大和田伸也)から「何者かに命を狙われている」と打ち明けられ、その人物の正体を暴こうとするうちに、思いもよらぬ真実を明らかにしてしまうストーリー。

 毎分最高視聴率は、9.0%(後11:26)で、三田園が依頼人のウソを見抜き、家政夫兼ボディーガードとして雇われるシーンでマークした。

 金曜ナイトドラマ枠の作品としてはダントツの高視聴率を獲得した本作。北海道地区では10.8%(第1話)を記録し、金曜ナイトドラマとしては異例ともいえる2ケタを達成している。

このニュースに関するつぶやき

  • 伊野尾慧、マジいらない。。。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 伊野尾がいなければなぁ。
    • イイネ!20
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

あなたにおすすめ

ニュース設定