ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『トクサツガガガ』3月度ギャラクシー賞 「出演者の個性光ってた」

『トクサツガガガ』3月度ギャラクシー賞 「出演者の個性光ってた」

1

2019年04月22日 16:20  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ドラマ10『トクサツガガガ』が放送批評懇談会が選定する「2019年3月度ギャラクシー賞月間賞」受賞(C)NHK
ドラマ10『トクサツガガガ』が放送批評懇談会が選定する「2019年3月度ギャラクシー賞月間賞」受賞(C)NHK
 NHK総合のドラマ10枠(毎週金曜 後10:00〜10:44)で1月18日から3月1日まで全7回放送された、『トクサツガガガ』が、放送批評懇談会が選定する「2019年3月度ギャラクシー賞月間賞」を受賞した。

【場面写真】『スローな武士にしてくれ』の内野聖陽

 同ドラマは、『ビックコミックスピリッツ』(小学館)で連載中の丹羽庭氏の同名漫画を実写ドラマ化。商社勤めのOL・仲村叶(小芝風花)は特撮をこよなく愛する隠れオタク。仲村の母親(松下由樹)は、女の子らしさを好み、特撮のことを嫌っている。それゆえ母はもちろん、職場の同僚たちにも特撮オタクであることは一切秘密にしていた。そんな仲村が隠れオタクであるがゆえに日常生活で直面する「あるある!」な壁に葛藤しつつも、前向きに生きる姿や、好きなものを通して出会った人々との交流を描いた、コメディードラマ。

 受賞理由として、「“オンナなのに”“大人なのに”など、世の中の固定観念を問う深い問題提起が埋め込まれていながら、実に軽やかで遊び心にあふれる上質なエンターテインメントに仕立てられた作品。、すべてのメンバーが思い切り演じきっていることも心地よい。大人も遊ぶ時間を大切に生きていこう、というメッセージも読み取れる」と、評価された。

 出演は小芝、松下のほか、木南晴夏、森永悠希、本田剛文(BOYS AND MEN)、武田玲奈、内山命(SKE48)、寺田心、竹内まなぶ、吉田美佳子、渡部豪太などが出演。今月27日深夜から明朝にかけて、BSプレミアムで全話一挙再放送も予定されている。

 このほかに3月度の月間賞には、原発事故発生直後、福島に入った医師たちの証言記録をまとめたETV特集『誰が命を救うのか医師たちの原発事故』(Eテレ・3月9日放送)。ドキュメンタリーとドラマの構成で「オレオレ詐欺」の実態を描いたNHKスペシャル『詐欺の子』(NHK総合・3月23日放送)。昭和の活動屋たちが、8K時代の最新機材で時代劇を撮る舞台裏をドラマチックに描いたスーパープレミアムドラマ『スローな武士にしてくれ』(BSプレミアム・3月23日放送)が選ばれた。

 『スローな武士にしてくれ』は、斬られ役専門の大部屋俳優役で主演した内野聖陽を「内野聖陽の殺陣が剣豪レベルで、ハイスピードカメラでとらえた快刀乱麻に度肝を抜かれる。時代の代わり目にふさわしい快作」と称賛した。

このニュースに関するつぶやき

  • ☆ まずは、受賞番組それぞれに拍手! それにしても…民放キー局5系列!何処も受賞出来んとは情けない…(-o-;) あの堅物の国営がこれだけ攻めとるんだで?アンタ等も攻めろや!深夜なら可能だろ?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定