ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 口腔底がん乗り越え…オナマシ、20周年記念フェス今秋開催

口腔底がん乗り越え…オナマシ、20周年記念フェス今秋開催

0

2019年04月22日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ガラスの中年「オナニーマシーン」の面々(左・ガンガン=Dr、中央・イノマー=Vo&Ba、右・オノチン=Gt)
ガラスの中年「オナニーマシーン」の面々(左・ガンガン=Dr、中央・イノマー=Vo&Ba、右・オノチン=Gt)
 “ガラスの中年”3人による性春パンクバンド・オナニーマシーンが10月22日、東京・豊洲PITで『ティッシュタイム・フェスティバル』を開催することが決定した。

【ミュージックビデオ】「全力オナニー・グラフィティ」

 昨年7月にボーカルのイノマー(52)が口腔底がんステージ4と宣告を受け、舌を全摘するも人前で歌えるところまで回復。12月に20周年記念アルバム『オナニー・グラフィティ』を発売し、今年2月には東京・大阪でステージ復帰まで果たした。

 勢いに乗るイノマーは手を休めず、3年前から温めていたイベント開催へ乗り出すという。「オナマシ20周年には2つの柱があった。1本はオリジナルCDのリリース。オール新曲。もうひとつ。どうしても実現したかったのが『ティッシュタイム』のスペシャル」とイノマー。

 「基本、ティッシュは渋谷ラママで好きなバンドと2バンで行う、っていうのが通例。でも、20周年なんでちと大きな会場で好きなバンドと一緒にバカ騒ぎをしたいな、って。広い会場のフロアをティッシュまみれにしたいんだよね。ムダにお金のかかったコントみたいに。バカだなあ、って。だって、身体に鞭打って20年、全裸でオナニーオナニー言ってきたんだもん。これくらいのご褒美があったってEじゃんかさ」。

 バカ騒ぎのメンツは果たしてどうなるのか。がん宣告されても「諦めないのがしつこいイノマーくん。結局、ヤッちゃうんだな。舌切ってもwww 舌切る前、喋れるうちにいろいろ事務所まわりとかしておいて良かった。今じゃフェスの説明できないもんな……。ギリギリセーフ。って、セーフだったのかなあ?(笑)。口腔底がんで舌を切ったぞ」。

 オナマシと馴染みあるバンドたちと無事絡めるのか、蓋を開けたらワンマンになってしまうのか。続報が期待される。失敗したら借金まみれのティッシュまみれ。どう転んでもオイシイだけの展開しか待っていない。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定