ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 歌舞伎『NARUTO』ナルト役・坂東巳之助「眉毛金髪」役作りで苦労 眉毛生やし色も抜く

歌舞伎『NARUTO』ナルト役・坂東巳之助「眉毛金髪」役作りで苦労 眉毛生やし色も抜く

0

2019年04月22日 18:17  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ナルトを再現するのが大変だったと明かした坂東巳之助 (C)ORICON NewS inc.
ナルトを再現するのが大変だったと明かした坂東巳之助 (C)ORICON NewS inc.
 歌舞伎俳優の坂東巳之助が22日、都内で行われた南座新開場記念の6月公演新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』制作発表会に出席。昨年8月の公演に引き続きナルト役担当し、役作りで苦労した点は「眉毛を金髪にすることです」と即答し、金髪がトレードマークのナルトを再現するのが大変だったと明かした。

【写真】アニメとそっくり!再現度が高い中村隼人と坂東巳之助

 「眉毛のブリーチというのは痛いもので、真面目な話、歌舞伎のいつものように黒い墨で描いているように、金色の化粧品を使って眉毛を描いても舞台照明や肌の色が近いため、(色が)飛んでしまう。眉毛がないように見えてしまう」と説明。

 ナルトに見えるよう実行したことがあるそうで「自前の眉毛を生やして、それを色を抜いて金髪にした。そこに眉毛を描き足すという形でやらせていただいた」と明かし「公演中も1ヶ月やっていますと、だんだんと伸びてきますから、こまめに眉毛をブリーチするのが苦労した点です」と笑いながら伝えた。

 岸本斉史氏原作で『週刊少年ジャンプ』(集英社)で15年にわたり連載された同作は、体内に九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが主人公で、里一番の忍者である火影(ほかげ)を目指し、数々の試練を乗り越え成長していくストーリー。

 舞台は昨年8月に東京・新橋演舞場で上演されたが、京都・南座で初上演する運びとなり、ライバル・うちはサスケとともに立ちはだかる最強の敵・うちはマダラが登場。ナルト役とサスケ役は引き続き坂東と中村、マダラ役は南座新キャストとして中村梅玉が務める。

 6月2日から26日まで京都・南座で上演される。

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定