ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 岡田准一『白い巨塔』大規模ドイツロケ敢行 ハイデルベルク城で初撮影

岡田准一『白い巨塔』大規模ドイツロケ敢行 ハイデルベルク城で初撮影

0

2019年04月23日 07:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真『白い巨塔』ドイツロケに参加した岡田准一(C)テレビ朝日
『白い巨塔』ドイツロケに参加した岡田准一(C)テレビ朝日
 V6の岡田准一が主演を務めるテレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』(テレビ朝日系/5月22〜26日21時)より、ドイツ三大名城のひとつハイデルベルク城で日本のクルーとして初めて撮影を行うなど、ドイツでの大規模ロケの様子が明らかにされた。

【写真】映画の舞台挨拶で涙を見せる「岡田准一」

 本作は1965年に刊行され、シリーズ累計600万部を超える山崎豊子の同名小説を映像化した医療ドラマ。時代設定を2019年に置き換え、大阪の大学病院を舞台に“腹腔鏡のスペシャリスト”として医学界にその名をとどろかし、野心家で傲慢とも言える性格から反感を抱く者も少なくない医学部准教授・財前五郎(岡田)が“第一外科・教授”の座に向かい邁進する姿を描いていく。

 作品の中でドイツでのシーンは、物語中盤の重要なポジションを占める。教授選を終え、晴れて浪速大学医学部第一外科の教授へと上り詰めた財前は、ドイツで行われる国際医療外科学会に招待され、渡独。現地で講演と手術のデモンストレーションを行う。

 ロケは小雪がちらつく極寒の中、大勢の現地キャスト・スタッフと共に進められ、撮影現場では日本語、英語、ドイツ語が交互に飛び交った。岡田は現地のキャストとも積極的にコミュニケーションをとり、ドイツ語のせりふについてもコーディネーターに確認をするなど熱心に撮影に取り組み、合間には和やかに笑い合う場面も見られたという。

 ドイツ三大名城のひとつであり、同国で最も有名な城趾の一つでもあるハイデルベルク城でもロケを敢行。歴史ある街並みの風景に加え、ハイデルベルクの象徴的建造物であるハイデルベルク城の映像も注目される。

 主演の岡田は「ドイツ語は現地で通訳の方に教えてもらいながら少し練習をしました。ドイツの俳優のみなさんともご一緒しましたが、言葉がわからない中でもお互いにコミュニケーションをとりながらお芝居ができて、とても楽しかったです!」とロケを振り返った上、「日本の作品のクオリティーも世界基準を目指していくのが理想的ですし、そういう意味でも国内外問わず仕事をしていきたいと思っています」と今後の海外での仕事への意気込みを語っている。

 テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』はテレビ朝日系にて5月22〜26日21時放送。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定