ホーム > mixiニュース > 社会 > 政府、補選敗北も「民意」無視=沖縄は係争委申し出で対抗−辺野古移設

政府、補選敗北も「民意」無視=沖縄は係争委申し出で対抗−辺野古移設

24

2019年04月23日 08:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真記者会見する菅義偉官房長官=22日午前、首相官邸
記者会見する菅義偉官房長官=22日午前、首相官邸
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点となった21日の衆院沖縄3区補選での移設反対派勝利にかかわらず、政府は移設工事を続行する方針だ。沖縄が何度も突き付ける移設阻止の「民意」を無視するかのような姿勢に、県民の反発は必至。県は22日、県の埋め立て承認撤回を取り消した政府の判断は違法として総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出た。

 安倍晋三首相は22日、記者団に「大切なことは沖縄の基地負担軽減を図り、一つ一つ結果を出していくことだ」と強調。菅義偉官房長官は記者会見で「辺野古で埋め立てを進めたい」と言い切った。工事はこの日も続けられた。

 沖縄県民が辺野古反対の民意を示したのは、この1年間だけで3回目。昨年9月の知事選や今年2月の県民投票でも、移設反対が圧倒的多数を占めた。

 与野党一騎打ちだった補選でも、与党候補は1万7000票以上の大差で敗北。しかし、政府高官は「知事選や県民投票の影響が残る中でよくやった」と意に介す様子は見せない。

 これに対し、玉城氏は移設先見直しの協議を引き続き求め、政府の対応は不当だと訴え続ける方針だ。21日夜、補選結果について「民意は揺るがないことが明確に示された」と語った。県幹部は「政府はなぜ民意を顧みないのか。国民も疑問を感じ始めている」と反対論の拡大に期待を示した。 

このニュースに関するつぶやき

  • 民意を問うなら全国で米軍基地をどこに置くかを国民投票で決めるしかないが その場合 十中八九沖縄が圧勝すると思うよw
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 爺さん、補選敗北とか完敗とか、何度も乙なんだが、民意を無視「するかのような」姿勢とボカして、ホントはちゃんとわかってるけど偏向してるよってところが見え隠れしてますよw
    • イイネ!26
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(22件)

あなたにおすすめ

ニュース設定