ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 「どんぶらこ感」桃ボート話題

「正にドンブラコ」「さすが岡山」 Twitterで話題の“桃”型の足こぎボート、誕生の経緯を県に聞いた

104

2019年04月23日 12:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真Twitterで話題となっている岡山の“桃ボート”(画像提供:岡山県観光連盟)
Twitterで話題となっている岡山の“桃ボート”(画像提供:岡山県観光連盟)

 岡山県で“桃”の形をした足こぎボートが目撃され、「どんぶらこ感がすごい」と話題を呼んでいます。ユニークな桃ボートはいかにして誕生したのか。岡山県公聴広報課にお話を聞きました。



【画像で見る:千鳥の“ジブリ風広告】



●スワンじゃなくて桃



 話題を集めているのは、Twitterユーザーのヲ(@xxxmilkxxx)さんが岡山県岡山市の旭川周辺(後楽園と岡山城の間)で撮影した画像3枚。



 「岡山で『ピンクの人力ボートある!!カワイイ!!!!』って思ったらよく見たらスワンじゃなくて桃」「遠くから見るとどこからともなくどんぶらこ感が凄くて暫くこの情景で笑える」と紹介したところ、2万5000件以上の“いいね”を集めたほか、インパクト抜群の光景に「正にドンブラコ(桃太郎発祥県だけに)」「さすが岡山」といったコメントが寄せられています。



●岡山県「岡山の魅力発信と観光振興につながれば」



 このユニークな桃ボートがどうやって誕生したのか。ねとらぼ編集部は岡山県総合政策局公聴広報課にお話を伺いました。



――Twitterで話題の桃ボートですが、いつ始まったサービスなのでしょうか。



岡山県:2018年10月8日より観光キャンペーン「果物時間」の一環としてスタートしました。桃太郎伝説で日本遺産にも認定された岡山の魅力発信や観光振興につながればと、昔話「桃太郎」に登場する桃を連想させるボートが作られました。



――桃ボートはどこに行けば乗れるのでしょうか。



岡山県:岡山市内にある「碧水園(へきすいえん)」で楽しめます。大人2人+子ども1人の最大3人が乗車可能で、料金は1舟20分間の1800円です。



――今回ツイート主さんからは、「ボートの近くにある岡山城などで活動している岡山戦国武将隊も素晴らしい」と聞いたのですが、ゴールデンウィークなどにオススメの観光スポットがあれば教えてください。



岡山県:後楽園の幻想庭園では、4月26日から5月6日までの間、19時から21時30分までライトアップを行うのですが、これにあわせて岡山城でも「春の烏城灯源郷」というライトアップを行う予定です。とてもきれいなのでぜひ見ていただきたいです。また、倉敷エリアでも、倉敷川での川舟流しなどを行う「ハートランド倉敷」というイベントが開催されます。



――最後に岡山に行った際に、これは食べておいたほうが良いというオススメグルメがあれば教えてください。



岡山県:5月中旬よりフルーツがおいしい季節になってきますので、人気のシャインマスカットを使ったフルーツパフェなどがオススメです。また7月になると白桃もおいしいです。他にもデミカツ丼などおいしいものがたくさんあるので、ぜひ岡山に遊びに来ていただきたいです。



 お笑いコンビ・千鳥を起用した「晴れの国おかやま」の広告がジブリ風デザインだったりと、最近ユニークな取り組みが話題となることの多い岡山県。今後も岡山ならではの特色を取り入れたPRに期待したいですね。


このニュースに関するつぶやき

  • カクレモモジリかと思ったら違った
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • いやいやいや、待って待って。値段がすごい高いねんけどwww 20分1800円て・・・。
    • イイネ!27
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(55件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定