ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > オンライン葬儀のサービス開始

遠方でも故人を偲べる「オンライン葬儀」サービス開始 ネットで葬儀動画を視聴、記帳・香典受付、「お焼香」ボタンも

53

2019年04月23日 13:10  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

冠婚葬祭事業を行う電映堂は4月23日、葬儀をオンデマンド配信する新サービス「追悼アカウント.com」の提供を開始した。喪主らがスマートフォンで葬儀動画を撮影し、動画をアップロード。参列してほしい人にSNSやメールなどで告知をし、配信動画でオンライン参列してもらうというもの。遠方の人や入院中の高齢者でも葬儀に参列できる。

参列者情報や追悼メッセージは、喪主のアカウントから確認できる。お香典はカード決済で行い、後日喪主の口座に振り込まれる。

香典は任意 香典返しや通夜振る舞いがないので「一般的な金額の半分程度で考えて」

サービスは「無料プラン」か「有料プラン」を選んで申し込む。無料プランは香典の辞退が不可能で、動画配信期間は1日、参列者は100人まで。利用料9800円(税別)の有料プランは香典受領・辞退の設定が可能で動画配信期間は7日間、参列者数に上限がない。

申込み後、取得した葬儀管理番号と参列者用URLをSNSやメールで送信し、オンライン葬儀開催の告知を行う。喪主側は葬儀の様子をスマートフォンなどで撮影・編集し、5分程度の動画をアップロード。「配信開始」ボタンを押し、参列者にオンライン葬儀の開始を再度告知する流れだ。

オンライン葬儀のページには、動画と記帳・香典の受付、喪主の挨拶文、遺影が掲載されている。遺影の下には「お焼香する」というボタンがあり、押すと、遺影に煙がかかる仕様になっている。

なお香典は任意で、カード決済のみの受付となる。オンライン葬儀では香典返しも通夜振る舞いもないため「一般的なお香典金額の半分程度でお考えください」とのことだ。

有料サービスだと香典総額から3割の手数料を引いた金額が指定口座に振り込まれる。無料サービスは、総額1万円未満だと振込はない。1万円を超えた場合のみ、3割の手数料を引いて指定口座へ振り込まれる。

小規模葬儀の増加で参列できなかった人が自宅に弔問に訪れ、対応が長期化する傾向

オンライン葬儀について同社はリリースで、「遠方の方や入院中の高齢者の方でも葬儀に参列できます」とコメント。さらに近年家族葬など小規模の葬儀が全体の6割を超えていることを挙げ、

「参列人数が決まっているので、参列したいが出来ない方が多数いたり、参列出来なかった方が葬儀後に自宅に弔問に多数訪れて、その対応が長く続くなどデメリットもあります。またSNS上の友人にはどのように訃報を知らせるか、葬儀に参列してもらうかどうか判断に困る事もあります」

と指摘している。これらのデメリットを解消するために「オンライン葬儀」を開発したと記している。

このニュースに関するつぶやき

  • 「入院中の高齢者の方」が大部屋でPCやタブレットで葬儀参列していて、もし見つかったら同室の方の病状にもよるけどちょっと嫌だろうなww
    • イイネ!2
    • コメント 2件
  • これいいわぁ!って気分にはなれない・・・。
    • イイネ!23
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(31件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定