ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 中村倫也&木下晴香 『アラジン』の名曲「ホール・ニュー・ワールド」を生披露

中村倫也&木下晴香 『アラジン』の名曲「ホール・ニュー・ワールド」を生披露

0

2019年04月23日 13:52  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真(左から)映画『アラジン』“ホール・ニュー・ワールド”お披露目イベントに登場した木下晴香、中村倫也 クランクイン!
(左から)映画『アラジン』“ホール・ニュー・ワールド”お披露目イベントに登場した木下晴香、中村倫也 クランクイン!
 映画『アラジン』“ホール・ニュー・ワールド”お披露目イベントが22日に都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務めた中村倫也(アラジン役)と木下晴香(ジャスミン役)が出席。劇中歌「ホール・ニュー・ワールド」を生披露し、ファンをうっとりとさせた。

【写真】中村倫也&木下晴香が生歌唱 『アラジン』“ホール・ニュー・ワールド”お披露目イベントの模様

 本作はアニメ『アラジン』を『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー監督が実写化したファンタジー映画。本当の居場所を探す貧しい青年・アラジンと、新しい世界に飛び出したい王女ジャスミンの身分違いのロマンス、そして3つの願いを叶える魔法のランプをめぐる冒険を描く。

 イベント冒頭では、2人はさながら魔法のじゅうたんに乗るドラマチックな演出とともに「ホール・ニュー・ワールド」を生披露。歌唱後、ステージに降りた中村は「尋常じゃないくらい喉が乾いて、汗をかいています。緊張しました」と額に汗を浮かべ、木下も「普段は出る前に緊張する方ですけれど、今日は出た瞬間に緊張しました。でも、生演奏で歌わせていただけて、じゅうたんに乗れる機会を楽しもうと思って歌わせていただきました」と晴れやかな表情で振り返った。

 トークでは同曲の吹き替えを行ったシーンについても語り、中村は「本当に魔法のじゅうたんに乗って一緒に旅しているかのような感覚になれるんですよ」と映像の迫力に触れ、「自然と映像を見ながらワクワクして歌っている自分がいて、それを観に来てくださった方にも体験していただけるのではないかと思っています」とアピール。木下は「本編の中でジャスミンがずっと憧れていた外の世界を初めて見るシーンなので、喜びと驚きといっぱいな気持ちを歌にどう乗せていくかを、声の表現でチャレンジして収録させていただきました」と振り返った。

 また、2人は映画の吹き替え声優は初挑戦。苦労やこだわりもあったといい、中村は「しゃべっているリズムや会話のテンポ、頭の回転とかが違うと思いました。日本人の感覚ですと、この場でその理解は早くないかと思うところがたくさんありました。でも、それがスピーディーだから作品として面白いと思うので勉強になりましたし、工夫しながらトライしたことが多かったです」と回顧。木下も「普通の女の子が持っているような心を持ちつつ、ふるまいやしゃべり方に気品を感じられるように心がけて務めました」と語った。

 映画『アラジン』は6月7日より全国公開。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定