ホーム > mixiニュース > 海外 > フィリピンで再びM6.2「昨夜とは震源が異なるサマール島」日本への津波は…?

フィリピンで再びM6.2「昨夜とは震源が異なるサマール島」日本への津波は…?

1

2019年04月23日 15:31  ハザードラボ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真22日のM6.1地震の震源(PHIVOLCS)
22日のM6.1地震の震源(PHIVOLCS)

 日本時間23日午後2時37分ごろ、フィリピン中部のサマール島沿岸を震源とするマグニチュード(M)6.2の地震が発生した。フィリピンでは昨夜、ルソン島をM6.1の地震が襲ったばかりだ。
 フィリピン火山・地震観測所(PHIVOLCS)によると、地震が発生したのは、中東部のサマール島ボロンガン近郊のサン・ジュリアンで、震源の深さは17キロ。

 昨夜6時11分にM6.1の地震が発生したルソン島のサンバレス州からは400キロ以上南東に離れている。太平洋津波警報センター(PTWC)は、この地震による日本への津波の心配はないとしている。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定