ホーム > mixiニュース > トレンド > 下請法違反で森永製菓に勧告

下請法違反で森永製菓に勧告=発注後に代金減額−公取委

132

2019年04月23日 19:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 発注後に引き下げた単価をさかのぼって適用し、下請け代金計約950万円を不当に減額していたとして、公正取引委員会は23日、下請法違反で森永製菓に再発防止を勧告した。同社は既に減額分を支払ったという。

 公取委によると、同社は2016年11月〜18年5月、菓子などの製造を委託した下請け業者5社に代金を支払う際、単価の引き下げを合意する前に発注した分についても引き下げ後の単価を適用し、計約950万円を差し引いていた。

 下請法は、名目や合意の有無にかかわらず、下請け業者に責任がないのに発注時に定められた代金を減額することを禁止している。

 同社は「事務処理手順に不備があった。勧告を真摯(しんし)に受け止め再発防止に努める」とコメントした。 

このニュースに関するつぶやき

  • (-ω-;).。oO(何やってんだか�ܥ����äȤ�����真摯に反省するなら、過去に遡りピンハネ全額返せ。ちなみに、森永グループって‥安倍昭恵氏の実家‥らしい…)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 日本中で起きていることだと思う。何でもかんでも値引きするから景気が良くなるはずが無い。本来ならば下請けに行く金が広告代理店に流れて無いか?失われた20年の正体がこれでは?
    • イイネ!75
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(92件)

あなたにおすすめ

ニュース設定