ホーム > mixiニュース > コラム > 『おぼっちゃまくん』『ゴーマニズム宣言』の小林よしのりが喝 「女性天皇・女性宮家を認めよ」

『おぼっちゃまくん』『ゴーマニズム宣言』の小林よしのりが喝 「女性天皇・女性宮家を認めよ」

43

2019年04月24日 10:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

漫画家の小林よしのり氏は、天皇・皇族を言論界で語るには欠かせない重要な人物だ。『天皇論』『昭和天皇論』『新・天皇論』を上梓し、どこかの学者よりも、専門的な知識に秀でていて、エンターテインメント性に優れている。

今は新しい『おぼっちゃまくん』(幻冬舎)、『ゴーマニズム宣言』(扶桑社)、『よしりん辻説法』(光文社)、『大東亜論』(小学館)に計4本を連載するほど、活躍中の大物。還暦を過ぎたよしりん先生に、女性宮家や女性天皇について聞いてみた。

 

■「聖の世界」に戻るのは困難

———「女性宮家あるいは女性天皇を認めるかどうか」という議論が長いことされていました。男系だけでこのままいけば皇族が途絶える可能性も少なくありません。

本来であれば、民主党の野田佳彦・首相が諮問委員会の答申書を受けて皇室典範を変えて、女性宮家や女性天皇を認めるはずだった。保守と称する人は現在では一般の国民になっている旧宮家を皇族に復帰させれば、皇室は安泰だといってますね。

小林:俗世間の方にいたら、絶対ああいう「ひじり(聖)」の感覚、聖なる感覚を保つことってできないですよ。世間にいたら、ありとあらゆる自由と欲望を吸収できちゃいますから。そしたら「聖」の世界である皇族には戻れないですよ。

 

そんな制限だらけの場所に戻れるわけがない。絶対不可能ですよ。旧宮家とはいえ一般国民で、普段は俗っぽいテレビばっかり見てたりしているわけですよ。有名な芸人や売れていない芸人が、たとえば下品なネタをやってるのを見てるわけです。

 

皇族に入ったら、そういうことを全部やれないわけです。俗にまみれた世界にいる国民が皇族になるのはほとんど不可能ですよ。皇室というのは、誤解されやすい表現ですが、いわば「被差別者」でもある。

 

国民ではないから、自由も人権も認められていない。そういう俗世間から来た人が、皇室ではたして耐えられうるのか。だから、「旧宮家を復活しろ」という連中は、「あいつらを差別の下に閉じ込めろ」って言ってるようなもんじゃないですか。

 

皇族の振る舞いというのは、最初から「聖なる世界」に生まれてその環境で育っているからそういう風になれるんです。

 

■養子を育てる難しさも

旧宮家の復活には、「養子を出す旧皇族」と「育てる人材」の確保も難しいと小林氏は語る。

小林:今までにも、やはりその感覚からどこかズレてくる皇族はおられました。だから旧宮家の復活なんて、本当に難しいし、絶対に無理。

 

しかも(旧宮家の)子供を皇族の養子にすれば良いとか勝手に言うけど、肉親が自分の子供をそう簡単に差し上げられますか? ありえないと思いますね。

 

そして、皇族に養子に入った子を今度はいったい誰が育てるの? 育てられる人は一人も見当たりませんよ。みんな相当年の人達しかいないから、今さら子供から、赤ちゃんから育てるなんてできるわけない。要はやりようがない。

 

だからワシは現実的になって、本当にそんな「皇族に復帰する」旧宮家の人がいるのであれば、見つけてきて説得してごらんなさいって言ってるわけ。ずっと言ってる。

 

実際、取材した人がいるけど、皇族に入るっていっている人はいない。イエティのような雪男はいるとか、未確認生物がいるとか、そういう話を自称保守派はやってるわけで、「そんな話ならば月刊『ムー』でやれ」ということですよ。

■皇族復帰希望者は存在するのか

皇室の維持には、復帰希望者の「数」も重要なポイントだが…

小林:これは現実の話なんだから、本当にそういう旧宮家で皇族を希望する人がいるんだったら、表に出さなければならない。。しかも1人見つけたってダメなんです。

 

今の皇室の安定を維持するには(旧宮家の皇族希望者を)4人ぐらい見つけて来なきゃいけない。これは竹田恒泰が言った言葉ですからね。しかし、4人もどうやって見つけてくるのよ。そりゃもう絶対に不可能なことだ。

 

だから、旧宮家で皇族になるのを希望する人を見つけてきて、誰かが説得しなければならない。政府の者でも誰でもいいから、「とにかくやれよ」という話です。

 

もう、「旧宮家の皇族希望者がいるのならば発表すべし」とワシはいってきたけど、保守はそれはやったらいかんとか言っている。でも、やらないといかんよ。結局、適当な人がもういないからやらないんですよ。

 

■「自称保守派」が皇室を危機に

小林氏は、保守を自称する人たちに対して、怒りを隠さない。

小林:保守を称する人たちはけっきょくのところ、皇室を滅ぼそうとしているわけですよ。極左が皇室に反対して滅ぼそうとしているが、やらなくていいんだよ。女性宮家や女性天皇を認めなければ、皇族は滅びてしまうわけだ。

 

皮肉にも保守の連中のせいで、皇室は危機にある。もう本当に話にならんよ。

・合わせて読みたい→天皇陛下がお気持ちを表明 「生前退位」をにじませる内容に

(取材・文/しらべぇ編集部・及川健二

このニュースに関するつぶやき

  • …いまいち解せない…たとえ俗にまみれても皇族に復帰すればその子孫は「生まれた時から皇族」になるのだから。そして女系を認めればどうなるか…想像力が乏しい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 年喰って本性が顔に出たね。
    • イイネ!39
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(37件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定