ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 「10連休は愚策」竹山が指摘

カンニング竹山「10連休は愚策 いつまで民族大移動やってんだ!」

898

2019年04月24日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)
カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)
 もうすぐ10連休に突入する。しかし、お笑い芸人のカンニング竹山さんは「休める人からも文句しか聞かない」と、一斉連休のデメリットを指摘する。「“みんな一緒”政策は今の時代に合っていない」と訴える真意とは?

*  *  *
 10連休って必要なんだろうか? 僕は疑問なんですよ。これって、いかにも政治家とか役人が考えた政策だなあと思う。だって困ることしか無いと思うんですよ。サービス業とかだったら、仕事は休めないのに子どもの保育園が閉まっているということもあるし、臨時の保育園がありますよって言ったって、子どもは慣れない場所で不安だろうし、親もルーティンを崩して遠くの園まで行かなきゃいけないだろうから迷惑でしょ。銀行も役所も閉まっちゃうし、病院とか介護サービスとかも大丈夫なんだろうか。入院している人は問題無くても、外来は閉まっちゃうところが多いだろうし、急に大きな事故とか何かあったらって考えるとちょっと心配ですよね……。

 旅行に行くにも料金はつり上がっているだろうし、子どもがいてどこかに出かけたいと思っても、どこも人混み。これって実は、良いことが一つも無いんですよ。休める人でも、喜んでいる声をほとんど聞かないのはそのせいだと思うんです。

 経済効果としては「いっせーのーせ」の休みのほうが消費が増えるのかもしれないけど、潤うのは鉄道会社と航空会社、観光地とか商業施設だけだと思うんですよ。それって全体の何%? 社会全体の利益を考えていないですよね。

 みんな各々の事情があって、例えば、生活のために事務系の派遣社員とかしている人だったら、10日も休みになると給料が減って困るかもしれないし、子どもだって学校の授業日数が足りなくなって、別の日に授業を増やさなきゃいけないかもしれない。

 いつまでこんな“民族大移動”みたいな休み方をしているんだろうか……。政府がみんなを一つのことに向けて煽って盛り上げて、みんな騙されて群がるっていうのはもういらないと思う。

 本当に連休を取ることを考えてくれるなら、本来は「会社に雇用されている人は、今年から2020年までの間に自分の取りたいときに10日間の連休を取れます」って、分散させるほうが絶対に良い。会社の都合とか関係なく、好きなときにっていうのがミソで、それを妨げたら政府が罰則を与えますよってことにしたら良いと思う。ちなみに子どもも学校を休んでOKね。

 友だちとか家族と合うときに10連休が取れて、ハイシーズン以外の時期にズラせた方が、安く済むし、人混みじゃない場所でゆっくりできて絶対に楽しいんじゃないかなと思うんですよ。働き方改革関連法の有給義務化は5日間だし、まとめて取れるわけじゃないですからね。

 10連休で良い思いをするのって、官僚と役所と大手企業と、あとは子どもだけですよね。いかにも庶民のことをわかっていない政治家の考えることだなと思います。

 新しい時代を迎えるお祝いだとしても、10日は長いでしょ! 休みも連休もあった方がいいけど、社会のためになっていないと思うんです。2020年までに10連休を取ってくださいって時期を選ばせる方が、一度やってみて良ければ次の年も取得する人が出てくるだろうし、それこそ働き方改革なんだと思うんです。

 平成から令和っていう新しい時代になるんだから、何事も「いっせーのーせ」にするのはそろそろやめませんか?

 働き方改革だって一律で制限するのも、違うんじゃないかと僕は思うんですよ。もちろん過労死の問題もパワハラとかブラック企業の問題もあるから、対策をしなきゃいけないんだけど、仕事が生きがいで働きたいって人だっているわけです。「職業選択の自由」だってあるのに、一斉に“働き方改革”をするのって矛盾していませんか。選択の自由を持つという本質を見落としているような気がするんです。

 この前、あるテレビ局の社員と話をしていたら、「働きたい人ってどのぐらいいるんだろう? それが7割を超えていたら、この政策って正しいのか?」っていう話題になったんですよ。

 消費税も上がるだろうから、残業代が無いと困る人も出てくる。それぞれ給与体系も違うし、大企業に属していない人がこれだけ多くなってるわけです。まとまって何かをしようという文化はもう時代遅れな気がするんですよね。政治家や官僚の頭の中では「日本人はまとまっている」というイメージなのかもしれないですけど、そんなことない! 考え方もそれぞれだし、大きな災害とか戦争とかが起こらない限り、まとまらないと思う。それぐらい個人の自由を大事にする社会になっていると思うんです。

 芸能界でも、働き方改革が始まっていて、芸能事務所では会社員のマネージャーがシフト制っていうところも出てきています。タレント本人は個人事業主だから、朝から夜まで働いていたとしても、事務所の人間は夕方5時で別の担当と交代とか。クリエイティブな仕事をしている人って、時間とか表面的なことで評価されていいのだろうかとも思うんですよね。

 残業ナシで働いている現場のADだって、いつか出世してディレクターとかプロデューサーになるときがくる。それまで時間を軸に働いてきた人って、クリエイターとしての腕とかセンスを磨けているんだろうかっていう疑問もある。

 休み方も働き方も「前にならえ」で進めるのは、もういまの時代に合わないし、ほころびが出てきているなと思います。

【おすすめ記事】なぜ夫は妻の実家で昼寝できるのか?


このニュースに関するつぶやき

  • 休めない人からも 文句が出そう 10連休も いらないけど せめて3連休でも 欲しいと言う声も聞く
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 数十年に1度あるかないかの祝い事の行事に付随する事だから別にいいではないのかなあと思う
    • イイネ!227
    • コメント 40件

つぶやき一覧へ(586件)

あなたにおすすめ

ニュース設定