ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 残念背中になってない?「後ろ姿」の印象アップテクニック

残念背中になってない?「後ろ姿」の印象アップテクニック

2

2019年04月24日 19:30  つやプラ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

好印象を与えるために鏡を見て笑顔の練習をしたり、身だしなみを整える方は多いでしょう。しかし、せっかく前から見た印象をアップさせても、後ろ姿がそれまでのイメージをダウンさせる場合もあります。

自分では見えない後ろ姿は、他人から見られる機会が多いものです。たとえば、「前を歩く人の背中」「電車のなか」「別れた後の後ろ姿」などがあります。

油断している後ろ姿が、印象ダウンを招いている可能性もあります。

日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、印象がアップする後ろ姿テクニックをご紹介します。前からみた姿だけでなく、後ろ姿でも印象アップを目指しましょう。

■後ろ姿で気をつけるポイント

今回は、ビジネスシーンにおけるスーツの後ろ姿をご紹介します。ポイントは「肩」のポジションです。

(1)残念な後ろ姿

下記の写真は、残念な後ろ姿です。

残念な後ろ姿

背中が丸まって肩甲骨が開き、肩の位置が前に落ちています。肩部分のスーツの位置が不自然になり、本来のスーツラインを崩しています。

(2)正しい後ろ姿

下記の写真は、正しい後ろ姿です。

後ろ姿の正しい姿

背筋が伸びて肩のポジションが正しい位置にありますので、美しいスーツラインとなっています。スーツは肩で着ることをイメージしましょう。

肩の位置が決まると、その下のラインも美しいものとなります。

■印象がアップする後ろ姿になる3つのポイント

(1)腹筋で上半身をまっすぐにキープします。 (2)左右の肩甲骨を引き寄せ、肩のポジションをととのえます。 (3)首の後ろの筋肉を意識し、頭を上に引き上げます。

新しい出会いが多い新年度に、ご紹介した3つのポイントをふまえて、印象がアップする後ろ姿を目指してください。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子
10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定