ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 日本ハムが楽天戦今季初勝利、大田5安打5打点 福井優也は移籍後初黒星

日本ハムが楽天戦今季初勝利、大田5安打5打点 福井優也は移籍後初黒星

8

2019年04月24日 22:13  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真楽天戦の1回裏に右中間を破る適時二塁打を放つ日本ハム・大田泰示(C)KYODO NEWS IMAGES
楽天戦の1回裏に右中間を破る適時二塁打を放つ日本ハム・大田泰示(C)KYODO NEWS IMAGES
○ 日本ハム 15 − 5 楽天 ●
<5回戦・札幌ドーム>

 19安打15得点の日本ハムは、今季5戦目にして楽天戦初勝利。2番・大田が、3本の適時打を含む5安打5打点と爆発した。楽天は昨オフ広島からトレード加入した先発・福井が3回途中5失点。移籍後初黒星(2勝)を喫した。

 日本ハムは2点を追う1回裏、大田の適時二塁打で反撃開始。その後、4番・中田の左前適時打で同点に追いつくと、なおも二死一、二塁から、7番・渡辺が2点適時二塁打を放ち4−2と逆転した。

 2回は二死から大田が二塁打で出塁すると、続く王柏融の中前適時打で5点目。大田は4回の第3打席でも6点目につながる右前打を放つと、5回には早くも4安打目となる2点適時二塁打。8回にはダメ押しとなる2点適時打を左前へ運び、キャリア初となる1試合5安打5打点をマークした。

 8回には今季限りでの引退を表明している田中が、代打で今季初安打初打点をマーク。火が付いた日本ハム打線は、8回だけで一挙7点のビッグイニングとした。先発のロドリゲスは5回3失点で今季初勝利(1敗)。10点リードに変った9回は、5番手の斎藤が無失点で締めた。

 楽天は初回、4番・島内の2号2ランで先制するも、福井が3回途中5失点と誤算。8回には4番手・小野が一挙7点を失うなど、今季ワーストの15失点で敗れた。

このニュースに関するつぶやき

  • 是非とも福井優也投手には、本日の投球内容を真摯に検証された上で、しっかり微調整なさって欲しいですね!?又、次回の先発登板では、過度に気負わず正常心を心掛けて欲しいですね!?
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 是非とも福井優也投手には、本日の投球内容を真摯に検証された上で、しっかり微調整なさって欲しいですね!?又、次回の先発登板では、過度に気負わず正常心を心掛けて欲しいですね!?
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ニュース設定