ホーム > mixiニュース > 社会 > 常温常圧でアンモニア合成

常温常圧でアンモニア=安価、高効率の新手法−東大

112

2019年04月25日 02:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 東京大の研究チームは、窒素ガスと水から常温常圧下でアンモニアを効率的に合成する新手法を開発した。アンモニアは食料生産に欠かせない肥料の原料だが、工業的な合成は100年前に開発された、莫大(ばくだい)なエネルギーを必要とする手法が今も使われている。新手法が実用化できれば、省エネルギーで肥料が生産できると期待される。論文は24日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載される。

 原料の窒素は空気中に豊富に存在するが、反応しにくく利用は難しい。工業生産では約100年前に開発された「ハーバー・ボッシュ法」(HB法)が使われているが、高温高圧下で水素と窒素ガスを反応させるため、全世界のエネルギー消費の1〜2%をHB法が占めているという。他の合成法もあるが触媒に高価なレアメタルが必要で、実用化には課題も多かった。

 東大の西林仁昭教授と大学院生の芦田裕也さんらは、生物がアンモニア合成に使う酵素に着目。この酵素に含まれるモリブデンを使った触媒を開発した。さらに、有機合成化学で広く使われているヨウ化サマリウムを組み合わせると、常温常圧下で窒素ガスと水の中の水素が効率的に反応し、アンモニアが生成された。 

このニュースに関するつぶやき

  • いい大人がかけっことか玉蹴りとかやってるニュースなどスポーツ新聞だけに載せとけば良い。こういうニュースこそマスコミが大きく発表すべき!
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 原著を読んでいないが、制御が難しく、生産量が限られやすい酵素法ではなくて、酵素が構造内に持っていたモリブデンの触媒性を生かして合成に成功したということだね。自然も、研究者も、両方すごい。
    • イイネ!19
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(74件)

あなたにおすすめ

ニュース設定