ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 大矢氏が語った巨人の攻撃で変わったところは?

大矢氏が語った巨人の攻撃で変わったところは?

1

2019年04月25日 08:10  ベースボールキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

● ヤクルト 2 − 7 巨人 ○
<5回戦・神宮>

 24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−巨人戦』で解説を務めた大矢明彦氏が、今年のジャイアンツの変わったところについて語った。

 大矢氏は2回一死二、三塁から高橋優貴の内野安打で三塁走者のゲレーロが生還した場面に「かなり詰まりましたのでね。サードの前に、バウンドが大きく緩く弾みましたからね。だけどゲレーロがよくスタートを切りましたよね」とコメント。

 大矢氏は「ゴロスタートと言われていたと思うんですけど、ここらへんが今年のジャイアンツが変わったところですね。次が坂本なので無理させずに、今まではダメなら止めるというのがあったんですけどね。きちんと動かしますね」と“走塁意識”に昨年との変化を感じたようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定