ホーム > mixiニュース > コラム > 【悩み相談】「やめるべきか」と悩む公務員に前川喜平の答えは?

【悩み相談】「やめるべきか」と悩む公務員に前川喜平の答えは?

15

2019年04月25日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真前川喜平さん。本連載では読者からの前川さんへの質問や相談を受け付けています。テーマは自由で年齢、性別などは問いません。気軽にご相談ください。
前川喜平さん。本連載では読者からの前川さんへの質問や相談を受け付けています。テーマは自由で年齢、性別などは問いません。気軽にご相談ください。
 文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回は、公務員からの「上司にたてつくより退職すべきか」という相談です。

*  *  *
Q: 地方税の徴収業務をしています。私は自主的な納付を手紙で呼びかけています。税金を払えない事情があると思うのです。でも、上司はすぐに預金を調べ「差し押さえしろ」と言います。私は他人の財布に勝手に手を突っ込むのは嫌なのです。国税徴収法では、滞納者の住居その他の場所につき捜索が許されていますが、私は絶対そこまでやりたくありません。定年まであと1年、上司にたてつくより、退職すべきでしょうか。(59歳・公務員)

A: なかなか重いご質問ですね。税金徴収は、行政を支える大切な仕事ではありますが、払えない人から無理やりむしり取るのはいかがなものかと思います。

 私も文部科学省時代には、やりたくない仕事ばかりさせられてきました。だから、気持ちはよく分かります。ただ、どんな組織のどんなポジションでも、自分の裁量の範囲はあるはずです。その中で自分なりにいいと思う方法で仕事をしてみては。

 大事なのは、公務員である前に一人の人間だという認識を意識的に持つこと。言われたことを杓子定規にやっているだけだと、無意識のうちに非人間的な感覚に陥ってしまいます。当たり前のように思えますが、役人の中にはとにかく法を盾にとり、決まったことを決まったようにやるだけで、血も涙もない輩(やから)がたまにいる。相手が人であっても、情けは存在しない。私はこうした役人を「法匪(ほうひ)」と呼んでいますが、あなたの上司も立派な法匪だと思う。

 どうせ辞めるなら、部下や後輩の前で、上司と大喧嘩して辞めたらいかがでしょう。それで差し押さえや捜索を止めることはできないかもしれないけど、組織に一石を投じることはできるかもしれません。「納税者だって人間です! 生きる術を奪っていいんですか!」と、上司を怒鳴り、最後にぱっと一花咲かせて、語り継がれる先輩になるのも悪くないと思いますよ。

 願いはかないませんでしたが、私も本当は大臣に辞表をたたきつけるような辞め方がしたかったんです。信念に反する命令を受けた時、「それには従えません!」と辞表をパーンと出してみたかったなあ……。

 話を戻すと、上司でらちが明かないようなら、さらに上のポストの人に訴えるのも手。最後は知事や市長に直訴するのもありだと思う。あるいはマスコミにリークし、「税金徴収はこれでいいのか?」と問題化する。「お前がリークしたんだろ」と言われないためには、表向きには上司と同じ行動を取り、マスコミから“たたかれる側”に回ればいい。悪者になりながら正義を訴えるというのは、これはこれで美学です。

 手っ取り早いのは、上司の命令に対して、「分かりました」「すぐやります」と言いながら、何もしない。僕も昔は、この手をよく使ったなあ。のらりくらりとかわしているうちに、定年になるかもしれません。

 どうしても命令に従わざるを得ず、差し押さえになってしまったら、差し押さえられても生きていける方法を考えて相手に教えてあげる。徴収業務の範囲を超えているかもしれませんが、信念に沿うやり方で仕事をすればいいのです。

 あなたは良い公務員だと思います。定年前の1年には、その時期だからやれることがたくさんある。組織にしがみつく必要もないし、自分の良心に従うやり方をすべきだと思います。残り1年を楽しんでくださいね。

※週刊朝日  2019年5月3日‐10日合併号

【おすすめ記事】性欲ムキ出し、痛い若作り…「職場の迷惑おじさん」たち


このニュースに関するつぶやき

  • やりたい仕事の貧困女子の調査が出来なかったのが辛かったのですねw 天下りの采配したら辞めさせられたし。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 『貧困調査』という名のハレンチ行為をやっていた人ですね?
    • イイネ!29
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(12件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定