ホーム > mixiニュース > トレンド > 京王観光 3支店12人が不正関与

3支店、12人が不正関与=JR利用旅行発券で−京王観光

19

2019年04月25日 12:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 京王電鉄子会社の京王観光がJRを利用するツアー団体旅行客の乗車券を実際よりも少なく発券し、不正に利益を得ていた問題で、京王観光は25日、不正は3支店で行われ、当時の支店長を含む計12人が関与していたと発表した。

 JR旅客6社は被害額を計約6000万円と算定。JR側は不正乗車の場合、運賃の3倍を求める規則に基づき、京王観光に計約1億8000万円を請求した。同社は5月末までに支払うと説明している。JR各社と締結していた乗車券の委託販売契約は解除された。

 発表によると、不正は大阪、大阪西、福岡各支店で行われ、実際の旅行客数よりも少ない乗車券を発券し、差額を利益として計上していた。社員4人が計約230万円を着服していたことも判明した。 

このニュースに関するつぶやき

  • 他社に対して不正する支店長が自社を裏切らない筈が無い。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • またまた、会社ぐるみでしょう?
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

あなたにおすすめ

ニュース設定