ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 鉄道車窓ブッ通し放送 GWにも

うぉぉ、ゴールデンウイークはこれで安心 鉄道車窓ブッ通し放送「オーストラリア横断鉄道 絶景車窓の旅」またやるよぉぉぉ

39

2019年04月25日 12:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真鉄道車窓ブッ通し放送「オーストラリア横断鉄道 絶景車窓の旅」
鉄道車窓ブッ通し放送「オーストラリア横断鉄道 絶景車窓の旅」

 車窓好きの皆さん、また朗報です。ニコニコ生放送がゴールデンウイーク期間にまたやってくれます。今回はオーストラリアを横断する長距離列車「インディアン・パシフィック号」の車窓をノーカットで楽しめる「オーストラリア横断鉄道 絶景車窓の旅」です。



【その他の画像】



 放送は2019年4月29日12時から5月6日まで。パースからシドニーまで総距離4352キロ、インディアン・パシフィック号の右車窓と左車窓それぞれの様子を合計6日間配信します。



 インディアン・パシフィック号はオーストラリア南部を東西に走る鉄道です。列車全長は731メートルで超ロング。パースからシドニーまで約65時間掛けて運行します。番組では世界一長いとされる「480キロ(!)の直線線路」、果てしなく続く「アウトバック」と呼ばれる荒野、美しく広大な牧草地と羊たち、突如現れるカンガルーやエミューなど、オーストラリア大陸の絶景を家にいながら楽しめます。



 番組は「右車窓」と「左車窓」の2パターンで配信。2019年4月29日から5月1日までの前半3日間は右車窓、5月3日から5月5日までの後半3日間は左車窓です。インド洋を臨む「世界一美しい都市」とも言われるパースから、アデレードを経て、太平洋に面した南半球を代表する都市であるシドニーまでの景色も見どころです。



 番組では車窓だけではなく、インディアン・パシフィック号の車内紹介なども行います。個室のソファがベッドに早変わりする寝台列車ならではの工夫から、食堂車の冷蔵庫の中まで、乗務員のインタビューを交えて放送するそうです。こりゃホントに乗った気分になれるかも。



 さらに出発地パースからさらに西のインド洋に浮かぶ孤島「ロットネスト島」の景色も自転車車載動画で配信します。自然たっぷりな島の様子、クオッカと呼ばれる愛くるしい生き物も登場します。



 長距離鉄道の車窓放送は、2018年の年末から2019年の年始の「シベリア鉄道 絶景車窓の旅」が「うぉぉ、すげぇぇぇ」「正月休みはこれで安心」などと話題になりました。2019年のゴールデンウィークは史上初の10連休ですが、予定がまだの人はいますか? ブッ通しで見られます。特に前半の右車窓編は、ぼーっと車窓を見ていたらいつの間にか令和になっているかもしれませんね♪。



(カナブンさん)


このニュースに関するつぶやき

  • 乗りたいです
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • JR貨物丿福岡(タ)発札幌(タ)行きの列車も放送して欲しい。
    • イイネ!16
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(16件)

あなたにおすすめ

ニュース設定