ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ルクレールとベッテルの違い過ぎるドライビングスタイルが、マシン開発の問題に発展か

ルクレールとベッテルの違い過ぎるドライビングスタイルが、マシン開発の問題に発展か

0

2019年04月25日 14:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真マシンのポテンシャルを引き出すのに苦労しているセバスチャン・ベッテル
マシンのポテンシャルを引き出すのに苦労しているセバスチャン・ベッテル
 F1第3戦中国GPでは、フェラーリのチームオーダーが物議を醸した。コース上で激しく火花を散らすセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは、同時にマシンセットアップのアプローチにおいても、かなりの違いが見られる。今後はそれが、フェラーリの新たな火種となりそうである。

 ベッテルは前戦のレース終了後、「チームは早急に、SF90の開発の方向性を決める必要がある」とコメント。「そうでないと開幕3戦で見られたパフォーマンスの激しい上下に、また見舞われることになる」と、危機感を隠さなかった。

「今季のSF90が、優れたマシンであることは間違いない。車体に根本的な問題などないことも確かだ。なのに僕らはその性能を100%引き出すウィンドウに、依然として入れずにいる。特に僕の場合、バルセロナで最初にテストした時の感触が、なかなか再現できないんだ」

「もちろん序盤3戦のサーキットはそれぞれまったくコース特性が違っていたし、週末のコンディションもそれぞれだった。とはいえ3戦のデータを解析するうちに、何が問題だったのか、特にレース本番でどうすべきだったのかが、少しずつ見えてきた。5月からのヨーロッパラウンドを控えて、どの方向に進むべきかを早急に決める必要がある」

 SF90に関しては、特にベッテルがその挙動に不満を募らせているといわれる。ベッテルは本来、安定したリヤが好みである。コーナー立ち上がりですばやくスロットルを開けて行くのが、彼のドライビングスタイルだからだ。そのため、その方向での変更を強く望んでいる。しかしルクレールは、そうではない。

「バルセロナでのウィンターテストの時から、僕とセブとはかなり違うドライビングスタイルなのがわかった。なので当然セッティングも、違った方向で進めている。具体的な内容には触れないけど、同じクルマじゃないことは確かだね」

 そして当然ながらふたりのドライバーはチームに対し、自分好みの方向での開発を要求している。それで思い出されるのが、2014年のレッドブルである。この年、ブロウン・ディフューザーが禁止されたことに対し、ダニエル・リカルドがいち早く順応したのに対し、ベッテルはずっと苦しみ続けた。その結果、ベッテルは移籍してきたばかりのチームメイトを突き放すことができず、突然のフェラーリ移籍へと繋がっていったのだ。

 今年のフェラーリにしても、ふたりのドライバーの両方を満足させる方向性は不可能と思われる。だとすればマッティア・ビノット代表はコース上のチームオーダーだけでなく、開発の方向性に関してもどちらのドライバーを優先するか、遠からず決断を迫られることになるだろう。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定