ホーム > mixiニュース > トレンド > 【訃報】GQ JAPANや日本版フォーブスなど編集者として活躍、リヴァーの竹内大代表が急逝

【訃報】GQ JAPANや日本版フォーブスなど編集者として活躍、リヴァーの竹内大代表が急逝

0

2019年04月25日 15:52  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

 30年近く編集者として活躍し、クリエイティブ企業リヴァーの代表取締役を務める竹内大氏が、4月23日に逝去した。享年52歳。

 竹内氏は1966年生まれ、愛知県出身。千葉大学を卒業後、編集者としてのキャリアをスタート。1990年から2001年まで雑誌「ディーファイル(D-file)」で編集長を、「ファインボーイズ(FINEBOYS)」で副編集長を務め、2000年から2008年まで「エスクァイア(Esquire)日本版」、2007年から2009年まで「オーシャンズ(OCEANS)」、2008年から2014年まで「ワイアード(WIRED)」でそれぞれ副編集長を担当し、「GQ JAPAN」では編集長代理に就くなど、ファッションやライフスタイルメディアを中心に活躍してきた。2013年に独立して株式会社リヴァーを設立。各種メディアの企画制作、事業のコンセプトメイキングやブランディングなどを行ってきた。2014年から2015年までは「フォーブス ジャパン(Forbes JAPAN)」でクリエイティブディレクターを務めている。
 同氏の死因は公にされていないが、関係者にとっても予期せぬ事だったという。親交が深いジャーナリストやファッション関係者などからも、突然の訃報に悲しみの声が挙がっている。葬儀は今月26日に霊源寺斎場で執り行われる。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定