ホーム > mixiニュース > トレンド > 広がる「おひとりさま」市場

広がる「おひとりさま」市場 経済への影響拡大を予測する調査結果

254

2019年04月25日 18:43  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真1人を好む「おひとりさま」の認知も進みつつあります(イメージ) Photo by Luo Lei on Unsplash
1人を好む「おひとりさま」の認知も進みつつあります(イメージ) Photo by Luo Lei on Unsplash

 市場調査会社の矢野経済研究所は4月25日、国内の「おひとりさま」に関連する市場を調べた結果を発表しました。関連する16の市場のうち、2018年は14の市場で成長が見込まれるとしており、「単身世帯の増加、1人で行動し楽しむ人が増えることで、おひとりさまが経済に与える影響は拡大していく」と予測しています。



【その他の画像】



 単身世帯や未婚・非婚者に加え、1人で行動・消費することを好む人も「おひとりさま」とし、こうした人々が関連する市場として、以下の16市場を調査。外食産業などでは「1人来店客の利用金額ベース」を算出しています。



外食、中食、賃貸住宅、国内旅行、国内ホテル・旅館、カラオケ、遊園地・テーマパーク、フットサル、婚活関連、終活関連、フィギュア、ジグソーパネル、セルフ給油所、コインランドリー、セルフレジ、セルフプレジャー



 17年度は16市場のうち12市場が成長。そのうち、おひとりさま中食市場(1人用購入客の利用金額ベース)が前年度比6.6%増の8兆1000億円、おひとりさま外食市場(1人来店客の利用金額ベース)が前年度比4.5%増、7兆6415億円と突出しています。参加人数では、おひとりさまカラオケ利用者が前年比6.7%増の320万人と多い結果でした。



 18年度は、伸び率では個人参加フットサル参加人数が前年から12.5%増の45万人に、コインランドリー市場が前年度から8.6%増の1086億円と高くなっています。



 一方で、婚活関連市場は前年から0.4%マイナス、ジグソーパズル市場は3.4%マイナスを予測しています。



 単身世帯の増加や非婚化の傾向が進む中、矢野経済研究所は「『おひとりさま』という言葉がますます普及・浸透してきていることで、あらゆる分野において1人で行動し、楽しむ人が増える見込みで、おひとりさまが経済に与える影響は拡大していくと予測する」としています。。


このニュースに関するつぶやき

  • 元祖・おひとりさま、上野千鶴子は、パヨ仲間に『重用」されていますが、孤独な老境に入りつつあります、ち〜〜ん。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 私も『おひとり様』が好きだけど、イベント等で同じくおひとり様で来た人と仲良くなる事があって、おひとり様じゃなくなるけど、それはそれで楽しいなといつも思う。
    • イイネ!136
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(145件)

あなたにおすすめ

ニュース設定