ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > アルファロメオF1代表、苦戦のジョビナッツィを擁護「成績が振るわない原因はチームにある」

アルファロメオF1代表、苦戦のジョビナッツィを擁護「成績が振るわない原因はチームにある」

0

2019年04月25日 19:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオF1)
アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオF1)
 アルファロメオF1チームの代表を務めるフレデリック・バスールは、2019年シーズン序盤にアントニオ・ジョビナッツィの成績が振るわないことを受けて、ジョビナッツィがチームでスピードを発揮できるようになるまでには忍耐が必要だと述べている。

 ジョビナッツィの2019年最初の3戦におけるパフォーマンスは、チームメイトのキミ・ライコネンと比べると明らかに遅れをとっている。しかしバスールは、パフォーマンスの不振はドライバーのせいではなく、チームによるものだと主張している。

 前戦中国GPでアルファロメオF1は、フェラーリから新しいコントロールエレクトロニクス(CE)をパワーユニットに装備するよう通知を受けたが、チームは時間的制約のためにその指示に従わなかった。

 だがその決断は、残念ながら中国GPの予選の前に裏目に出た。ジョビナッツィのエンジンはCEのトラブルを抱えて走行できなくなり、決勝日を最初から劣勢の状態で迎えることになったのだ。

「アントニオはこれまでのところ、本当のポテンシャルを示すことができていないが、それは完全にチームに原因がある」とバスールは説明した。

「技術トラブルがあり、そのために走行時間が減ったことで、彼はマシンに慣れることができず、マシンのパフォーマンスを引き出すことができなかった。だが特にオーストラリアGPの予選Q1では、彼はどれだけ速さを出せるかを示した」

「誰もが少し忍耐を持つ必要があるし、私は彼が間違いなくパフォーマンスを発揮できるようになると考えている」

 ジョビナッツィが苦戦しているものの、常に安定しているキミ・ライコネンのおかげで、アルファロメオF1はこれまでの3レース全てでポイントを獲得しており、バスールは今週末のアゼルバイジャンGPでも引き続きポイントを獲得することを期待している。

「キミは素晴らしい仕事をしている。彼のエンジニアへのフィードバックは極めて正確なものだし、マシンに乗り込んだ途端に仕事をやってのけるのだ」

「バクーはクラッシュにセーフティカー、オーバーテイクが予想されるところだ。だからレースから何を期待できるかは決して分からない。だが我々の目標は明確だ。我々は中国GP以降、パフォーマンス改善のために多くの作業を行ってきた。だから2台のマシンをポイント圏内でフィニッシュさせたいと考えている」

    あなたにおすすめ

    ニュース設定