ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 猫と警備員、1か月ぶりの攻防

猫と警備員、1カ月ぶりの攻防! 花見の時期は遠慮してた?マット使った新技も披露 尾道市立美術館に聞く

355

2019年04月26日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真約1カ月ぶりの攻防戦です=尾道市立美術館のツイッター
約1カ月ぶりの攻防戦です=尾道市立美術館のツイッター

 美術館に入ろうとする猫と、防ごうとする警備員のやりとりで話題になった尾道市立美術館(広島県)。おなじみの光景が約1カ月ぶりにツイッター投稿され、注目を集めています。「花見の時期は人が多いので遠慮したのかも」と話す担当者に話を聞きました。

【画像】1カ月ぶりの攻防戦はこちら。マットの上で寝っ転がるも抱えられ、マットに爪を立てて派手に抵抗!

タイトルは「駄々っ子」
 今月24日、尾道市立美術館のツイッターアカウントが「駄々っ子」というタイトルで投稿した3枚の画像。

 1枚目は、美術館の入り口で警備員と黒猫「ケンちゃん」がにらみ合う様子が写っています。

 2枚目は、ケンちゃんがその場でマットの上にゴロンと寝転がる様子。

 3枚目は、警備員に持ち上げられたケンちゃんが、マットに爪を立てて抵抗している姿が写っています。

 この投稿に対して、「ケンちゃんの執念でマットが大変なことになってる」「警備員になりたい」といったコメントが寄せられ、リツイートは6千、いいねは1万3千を超えています。

担当者に聞きました
 近くのレストランで飼われているケンちゃん。美術館侵入を試みる「常習犯」ですが、ここ1カ月ほどは入り口まで来ることはなかったそうです。

 理由について、美術館の担当者はこう推測します。

 「美術館がある千光寺公園は桜の名所で、最近は花見のお客さんがたくさん訪れ、美術館の来館者も増えました。人が多くて遠慮していたのかもしれません」

警備員に甘えてる?
 昨年10月に話題になった際、警備員と攻防を繰り広げたのは茶トラの「ゴッちゃん」。

 ちょくちょく姿を見せていますが、ケンちゃんのテリトリーということもあって、館に侵入しようとするのは珍しいそうです。

 2匹とも、入ってこようとするときは同じ警備員の日がほとんどだといいます。

 「動物好きで優しく接してくれる警備員さんに甘えているのかもしれませんね」と担当者。

 美術館では5月6日までスウェーデンの陶芸作家・リサ・ラーソンさんの展覧会を開催中で、猫をモチーフにした作品も展示されています。

 「ケンちゃんとゴッちゃんは気まぐれなので会えないかもしれませんが、リサ・ラーソンさんの猫作品もあります。連休中はぜひ尾道市立美術館にお越しください」

このニュースに関するつぶやき

  • 可愛ええ〜(笑)猫ちゃんが本気出したら、横すっ飛んで行けそうだけど、優しい子なのね(*^^*)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これ見た〜すごく癒されたɽ���ʴ򤷤���もう悲しいニュースばかりでさ…ホント、心に染みる�ϡ���
    • イイネ!166
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(131件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定