ホーム > mixiニュース > トレンド > 日本初となる北欧製の透明ドーム型テント「アウラ」那須高原TOWAピュアコテージグランピングエリアに導入

日本初となる北欧製の透明ドーム型テント「アウラ」那須高原TOWAピュアコテージグランピングエリアに導入

0

2019年04月26日 14:52  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真アウラ Image by: 那須高原TOWAピュアコテージ
アウラ Image by: 那須高原TOWAピュアコテージ
 「那須ハイランドパーク」のオフィシャルホテル「那須高原TOWAピュアコテージ」が、4月27日にグランピングエリアを拡大する。これに伴い、日本初となる透明なドーム型テント「アウラ(AURA)」を導入。透明なテントに宿泊できるグランピングは日本初となる。

 アウラは北欧製のフレームレスで透明なドーム型テントで、ドームテントおよびイベントドーム事業を手掛ける夢木香の全面協力により導入が実現した。6角形のアクリル板を組み合わせたハニカム構造で、高い防水性と強度、耐久性を備えている。ドームの直径は約7mでテント内は約38平方メートル。夜にはテントの中から星空を楽しむことができる。今回のグランピングエリア拡大ではアウラ2張を取り入れるほか、現在提供している通常タイプのドーム型テント6張を約28平方メートルのドーム型テントに新調し、12張に増やす。
■那須ハイランドパーク:公式サイト

    あなたにおすすめ

    ニュース設定