ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > カワサキ 8耐でワークス復活

カワサキのワークスチームが18年ぶりに復活。SBK王者を起用し1993年以来の鈴鹿8耐優勝に挑む

40

2019年04月26日 17:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2年連続で鈴鹿8耐に参戦するSBK4連覇中の王者ジョナサン・レイ
2年連続で鈴鹿8耐に参戦するSBK4連覇中の王者ジョナサン・レイ
 川崎重工は4月26日、7月25日〜28日に鈴鹿サーキットで開催されるFIM世界耐久選手権(EWC)の最終戦、鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会にファクトリーチーム(ワークスチーム)で参戦すると発表。Kawasaki Racing Teamが18年ぶりに復活する。

 カワサキのワークスチームとなるカワサキ・レーシング・チームは、2001年を最後に鈴鹿8耐から撤退。以降は国内でのファクトリー活動を休止した。

 2014年には、カワサキのオートバイを販売するカワサキモータースジャパン運営のTeam Greenが鈴鹿8耐に参戦。カワサキ直系チームとして13年ぶりに鈴鹿8耐に挑み、2016年、2017年に2位表彰台を獲得した。

 2018年はスーパーバイク世界選手権(SBK)で2015年から4年連続でチャンピオンに輝いたジョナサン・レイを招集し、レオン・ハスラム、渡辺一馬とともに参戦。レースを3位で終え、3年連続で表彰台に登っている。

 2019年、カワサキはワークスチーム、カワサキ・レーシング・チームを18年ぶりに復活させて鈴鹿8耐に参戦。ライダーはSBKで4連覇中のディフェンディングチャンピオン、レイと、SBKのチームメイトであるハスラムに加え、2018年の全日本ロードレース選手権JSB1000クラスの最終戦鈴鹿にスポット参戦し、今シーズンもSBKで戦うトルコ人ライダー、トプラク・ラズガットリオグルの3人で挑む。

 使用するマシンは、3人がSBKで駆るカワサキ・Ninja ZX-10RRの鈴鹿8耐仕様だ。

 カワサキは18年ぶりのファクトリー体制で、1993年のスコット・ラッセル/アーロン・スライト組以来となる鈴鹿8耐優勝を目指す。

このニュースに関するつぶやき

  • 今年の8耐楽しみや https://mixi.at/a6S46Gj
    • イイネ!5
    • コメント 1件
  • これで国内4メーカーが揃います。 鈴鹿だけの参戦でも嬉しいです。 \(^o^)/
    • イイネ!10
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(16件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定