ホーム > mixiニュース > トレンド > 東京駅のとなりに「今年限り」のBBQテラス

東京駅のとなりに「今年限り」のBBQテラス

2

2019年04月27日 12:02  オズモール

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

オズモール

写真写真
◆東京駅の目の前でBBQとビール!プレミアムなひとときを過ごせる「THE FARM TOKYO」が期間限定オープン【東京(中央区)】

東京駅の八重洲中央口を出てすぐ。ヤンマー東京支社跡地に、2019年10月31日までの期間限定で、屋外型飲食施設「THE FARM TOKYO」がオープン。緑豊かな木々に囲まれた敷地内には、プレミアム・モルツを片手に手ぶらBBQが楽しめるお店のほか、ベーカリーやカフェ、ビアバーなどこだわりの6店舗が集結。都会のど真ん中にあるウッディーなテラス席やベンチに座って、おいしい時間を満喫しちゃおう!



BBQ店「BBQ YM ボーイズ」の「プレミアムコース」(6500円)
ザ・プレミアム・モルツが飲み放題!気軽に手ぶらで楽しめるアーバンBBQ
敷地内の左奥に進んでいくと見えてくるのが、完全予約制で手ぶらBBQが楽しめるお店「BBQ YM ボーイズ」。コースは、ラムチョップにシュリンプが付いた「プレミアムコース」(6500円)、お肉もお野菜も手軽に楽しみたい方向けの「スタンダードコース」(5500円)。



いずれも、150分の飲み放題が付いたお得な内容で、「神泡。」のザ・プレミアム・モルツを始めとするビールや味わい豊かなオリジナルビールを堪能。150分のソフトドリンク飲み放題付きの「キッズコース」(2歳以下のみ・2000円)もあるので、子連れももちろんOK!



生産者の顔が見えるヤンマー「プレミアムマルシェ」の食材を使用

テーブルには、コールマンのロードトリップグリルが用意されており、ストーブと鉄板の両方が付いているので、片側で肉を焼きつつ、もう一方で飯ごうを使ってご飯を炊いたり、ポップコーンを作ったりできて便利。



同店で使われているお肉や野菜などの食材は、「食と自然と人をつなぎ、豊かな食体験を提供すること」を目的として活動を行う、ヤンマーのプレミアムマルシェから。兵庫県養父市のにんにく「やぶ医者にんにく」を使ったソースや、鳥取県日南町の「ヤンマーこだわりのお米」など、ここでしか食べられない食材が堪能できるのもうれしい。



ベーカリー「トラスパレンテ」
食感楽しい新食材「ライスジュレ」を使ったパンや水出しコーヒーが絶品
BBQのほかにも、敷地内にはさまざまなお店が出店。中目黒の人気ベーカリー「トラスパレンテ」のハードパンから彩り豊かなお菓子パンまで、約30種類のパンを堪能できる。人気は、いちじくや洋ナシ、チェリーなどが入ったミニディッシュの「ガッティ」(各118円)や、ヤンマーが開発した、お米と水だけで作る保水性・保油性に優れた新食材「ライスジュレ」を使ったもちもち食感のパンたち。ライスジュレのパンはこの店舗でしか味わえないそう。







「ガッティ」(各118円)と「水出しコーヒー」(470円)
また、「トラスパレンテ」の系列店「パーニスコーヒー」では、京都で有名な小川珈琲の豆を使った挽き立てコーヒーが味わえる。おすすめは、低温でじっくり約10時間にわたって抽出した「水出しコーヒー」(470円)。苦みや渋みが少なく、すっきりとした味わいはこれからの季節にぴったり!




「ライスジュレ」のソフトクリーム(400円〜)
プレミアムマルシェの商品を扱うお店や、ビアバー、グリル料理店も
プレミアムマルシェの商品を扱うお店「プレミアムマルシェ」もオープン。「ライスジュレ」を使ったヘルシーなオリジナルソフトクリーム(400円〜)や、ヤンマーが厳選した野菜で作る「ヤンマーこだわり緑のベジスムージー」(550円)などの販売を行っている。





THE FARM TOKYOには、プレミアム・モルツのセルフサーバー体験や、泡の上にアートをプリントする泡アートが楽しめるビアバー「BARカミアワー」や、厳選食材を使った「特製タコス」(1380円)や「農園サラダ」(750円)、ピザなどが楽しめるグリル料理店「グリル マウントヒル」といったお店も。仕事帰りや休日のお散歩ついでにふらっと立ち寄りたい!


    あなたにおすすめ

    ニュース設定