ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > WRCアルゼンチン:競技3日目はトヨタのタナクが反撃もトラブルでリタイア。ヒュンダイがワン・ツー

WRCアルゼンチン:競技3日目はトヨタのタナクが反撃もトラブルでリタイア。ヒュンダイがワン・ツー

0

2019年04月28日 12:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真総合首位を猛追していたオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)
総合首位を猛追していたオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)
 2019年のWRC世界ラリー選手権第5戦アルゼンチンは4月27日、SS9〜15が行われ、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)が総合首位をキープした。トヨタ勢では総合2番手を走っていたオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)がオルタネータートラブルでデイリタイアとなり、クリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)の総合3番手が最上位となった。

 ラリー・アルゼンティーナの競技3日目は、サービスパークが設けられるビジャ・カルロス・パスの西北エリアにあるプニラ渓谷を中心に争われた。

 競技初日〜2日目は大雨の影響で路面がぬかるむコンディションとなったが、この日のアルゼンチンは青空が広がり、路面も一部はぬかるみが残るも、ドライ傾向となっている。

 前日、スピンで総合3番手まで後退していたタナクは、SS10〜11でステージ優勝を飾り、13.4秒あった首位ヌービルとの差を5.2秒まで縮めてみせる。

 続くSS12〜13では、ヌービルが反撃し、ギャップは11秒まで広がる。そして迎えたSS14、タナクはステージスタート前に電圧が低下する問題に直面しながらも走行を開始。しかし途中で電圧を失いストップ、デイリタイアとなり優勝争いから離脱を余儀なくされた。

 タナクのデイリタイアにより、総合2番手にはアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC)が浮上し、ヒュンダイ勢がワン・ツー体制で競技3日目を走破している。

「(競技最終日に向けて)セーフティーリードと呼べるだけのマージンを築くことができたけど、明日のステージは一筋縄ではいかないものばかりだ」とヌービル。

「路面はラフだし、道も狭くトリッキーだから、集中力を維持してリズムに乗る必要がある。とにかく落ち着いてマシンをコース上に留めることに集中するよ」

 首位から1分3秒2遅れの総合3番手はトヨタのミークが確保。ミークは午前のステージでウォータースプラッシュ(川渡り)通過時にブレーキにトラブルが発生し、続くコーナーでマシンが滑り、リヤタイヤをパンクさせるアクシデントがあったものの、表彰台圏内に留まってみせた。

 総合4番手にはパワーステアリングにトラブルを抱えながらの走行となったセバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)がつけたほか、総合5番手はダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)、総合6番手にヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)がつけている。

 オルタネータートラブルでデイリタイアしたタナクは総合9番手。チームはマシントラブルを改修しており、競技最終日には参加する見込み。

 前日クラッシュしたエサペッカ・ラッピ(シトロエンC3 WRC)は病院で検査を受けたが大きな怪我はなし。ただラリー全体をリタイアしており、競技3日目には出走しなかった。

 下位クラスのWRC2を戦う勝田貴元(フォード・フィエスタR5)は総合16番手で走りきっている。

 競技最終日となる28日(日)は、SS16〜18までの3SSで争われる。ステージ上位5名にボーナスポイントが与えられるパワーステージはSS18に設定されており、現地時間12時18分、日本時間29日(月)0時18分にスタートする予定だ。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定