ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > レッドブル・ホンダF1密着:パワーサーキットのバクーでフェルスタッペンが予選4番手。チームは表彰台争いに意欲

レッドブル・ホンダF1密着:パワーサーキットのバクーでフェルスタッペンが予選4番手。チームは表彰台争いに意欲

0

2019年04月28日 12:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
 パワーサーキットのバクー・シティ・サーキットで開催されるアゼルバイジャンGPは、ホンダにとってこれまで鬼門のグランプリだった。アゼルバイジャンで初開催となった2016年のヨーロッパGPはフェルナンド・アロンソが14位でジェンソン・バトンは19位。

 続く2017年はアロンソが16位で、バトンに代わって加入したストフェル・バンドーンは19位だった。トロロッソと組んだ昨年もピエール・ガスリーが17位で、ブレンドン・ハートレーは19位。

 つまり、いままでホンダはバクー・シティ・サーキットでの予選でQ3に進出したことがなかっただけでなく、2台そろってQ2に駒を進めたことさえなかった。

 それが今年は、レッドブルだけでなく、トロロッソも含め、ホンダPUを搭載する4台がすべてQ2に進出。さらにレッドブルはマックス・フェルスタッペンが今季2度目の予選4番手を獲得し、トロロッソもダニール・クビアトが今シーズン初めてQ3に進出、予選6番手を獲得した。

 しかも、フェルスタッペンは予選後にこう語っていた。

「Q3で僕は新品のソフトタイヤを1セットしか持っていなかったから、みんなと違う戦略を選んで、単独で走っていた。このコースはスリップストリームの影響が大きいのに、僕はそれを使用することができなかったから、自分のQ2のベストラップと比べても、メインストレートで0.25秒くらい失っていた。もし、Q3でスリップストリームを使えていたら、ポール争いができたと思う」

 なぜ、フェルスタッペンがQ3で1セットしか新品のソフトタイヤが残っていなかったのか。チーフデザイナーのポール・モナハンは次のように説明した。

「われわれの予選でのタイヤ戦略は、Q1とQ2でそれぞれ1セットずつ新品のソフトを使用し、Q3で2セットの新品ソフトを使用する予定だった。ところが、マックスがQ1の1回目のアタックでブレーキングをミスしてフラットスポットを作ってしまったため、Q1で2セット目の新品のソフトタイヤを使用しなければならず、Q3用にとっておいた1セットをQ1に回したんだ」



 そのことはフィニッシュラインでの最高速にも表れていた。チームメイトのピエール・ガスリーが全体で11位となる時速334.1kmを記録していたのに対して、フェルスタッペンは時速330.5kmで17位にとどまった。

 ただし、それはメルセデスも同じだった。Q3の最後のアタックで最初にコースインしたメルセデスの2台は、先頭のバルテリ・ボッタスはまったくスリップストリームを使えず、その後ろを走行していたルイス・ハミルトンもほとんどスリップストリームを使えなかった。2台のフィニッシュラインでの最高速は、フェルスタッペンとほぼ同じ、時速331.5km(ボッタス)と時速330.2km(ハミルトン)だった。それでもメルセデスはフロントロウを独占した。

 モナハンは言う。
「今日はQ3で2セットのタイヤを使用したとしても、ポールポジションは無理だった。でも、3番手は狙えたかもしれない。明日のレースは表彰台争いをするよ」

 予選でスリップストリームを使えなかったフェルスタッペン。4番手からスタートする日曜日のレースでは、1つ前からスタートするフェラーリのセバスチャン・ベッテルのスリップストリームを存分に使い、表彰台へ上がってほしい。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定