ホーム > mixiニュース > トレンド > からあげクンに「令和」の焼き印! 確率1000分の1、もちろん妖精&妖精キングも健在 ローソンに聞く

からあげクンに「令和」の焼き印! 確率1000分の1、もちろん妖精&妖精キングも健在 ローソンに聞く

1

2019年05月01日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真ローソンの定番商品「からあげクン」
ローソンの定番商品「からあげクン」

 指でつまんで食べられるローソンのホットスナック「からあげクン」。そんな人気商品に本日1日から、「令和」の焼き印がついたレアバージョンが追加されました。1000分の1の確率で入っているというからあげクンについて取材しました。

【画像】「令和」焼き印入りはこちら。確率千分の1の「からあげクン妖精」、4千分の1の「妖精キング」も

からあげクンとは
 1986年4月15日に誕生した「からあげクン」。昭和に生まれてから33年間愛され続けているローソンの看板商品です。

 国産若鶏むね肉と国産小麦粉を使用して国内で生産。価格も発売当時から値上げを行わずに200円(税別)を維持しています。

 これまでに発売されたフレーバーは、地域限定の味やレストラン・専門店監修の味、アニメや映画とのコラボレーションなど250種類以上で、累計販売は31億食以上にのぼります。

妖精と妖精キング
 そんなホットスナックの中には、からあげクンのキャラクターである「からあげクン妖精」と「からあげクン妖精キング」の焼き印がついたレアバージョンが存在します。

 からあげクン妖精が当たる確率は1000分の1、からあげクン妖精キングは4000分の1。食べる楽しみだけでなく、見つける楽しみも提供しようと、2013年から始まった取り組みです。

 そんなレアバージョンに新たに5月1日から加わったのが「令和」の焼き印がついたバージョンです。

 その狙いについて、ローソンのデリカ・FF部チーフマーチャンダイザーの柴崎誠さんは、こう説明します。

 「普段も『妖精クン』の刻印は入れているのですが、新しい年の始まりを楽しく盛り上げていけたらと思い、新元号『令和』を入れることにしました」

担当者の思い
 入っているのはレギュラー・レッド・チーズのフレーバーで、約1000分の1の確率でランダムに入っているそうです。期間は約1カ月の予定です。

 「令和最初の運試しとして楽しんでいただくために、刻印を見逃してしまわないよう、ぜひ一粒一粒を眺めてから召し上がってみて下さい」と柴崎さん。

 そして、こう付け加えます。

 「昭和〜平成と33年の長い間、多くのみなさまに愛されてきたからあげクンを、令和の時代にも楽しんでいただけたら嬉しいです! これからもみなさまに喜んでいただける色々なフレーバーを発売していきますので、どうぞお楽しみに!」

このニュースに関するつぶやき

  • 昔、ローソンで売ってた日本ハムのつくねパックが旨かった。つくねは売れてなかったけど一度食べるとナゲットを買ってた事を後悔する位旨い。復活望む。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定