ホーム > mixiニュース > トレンド > 普段使いできるキャンピングカーならバンコン一択? コンパクトな車内に装備が充実した『BOLDT』で身軽な旅に出よう!

普段使いできるキャンピングカーならバンコン一択? コンパクトな車内に装備が充実した『BOLDT』で身軽な旅に出よう!

0

2019年05月03日 11:40  d.365

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

d.365

写真掲載:d.365
掲載:d.365
貨物の運搬に適したバンをコンバージョン(改造・改装)して、キャンピングカー化した車両「バンコン」。キャンプなどのアウトドアシーンだけでなく日常の足としても使える利便性、見た目は普通の自動車なので人目を集めないというメリットから、いま多くのキャンパーから支持を集めている。今回紹介する『Boldt』は、メルセデス・ベンツのバンをキャンピング仕様にカスタムしたちょっと贅沢なバンコンだ。

【詳細】他の写真はこちら


アメリカに拠点を置く「Winnebago Industries」が手掛ける『Boldt』。メルセデス・ベンツのバン『スプリンター』をベースに製作されており、バンサイズの車内を最大限に活用したキャンピング車両に仕上がっている。車内にはシンクやコンロ付きのゴージャスなキッチン、それにソファーベッドがきっちりと収納されている。この秘密基地感は、旅をより盛り上げてくれることだろう。

車内にはRAMマウントが各所に用意されており、タブレット端末などの電子機器類やバスケットなどの収納ケースを好きな場所に設置できる。あれこれ装備を増やさず自分でカスタマイズすることで、車内スペースの有効活用に役立っている。

車内の電源システム「Pure3」では、1万1600whの大容量電力を供給することができる。キャンピングカーでは電源容量が問題になることが多いのだが、この車両ではそのような心配はいらないと説明されている。

『Boldt』は2019年春後半にリリースされる予定となっている。キャブコンほどの広さを求めなければ、普段使いできるバンコンはアウトドア好きのマイカーとして有力な選択肢のひとつになるだろう。

関連サイト
BOLDT

text塚本直樹

    あなたにおすすめ

    ニュース設定