ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > GACKTプロデュースのポーカー番組に、F・G・Hカップ美女が参戦!「緊張しました。実際に存在するんだ(笑)って」(清水あいり)

GACKTプロデュースのポーカー番組に、F・G・Hカップ美女が参戦!「緊張しました。実際に存在するんだ(笑)って」(清水あいり)

3

2019年05月03日 16:50  M-ON! MUSIC

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■『GACKTプロデュース!POKER×POKER〜業界タイマントーナメント』に、クロちゃん降臨!「GACKTさんにもうちょっと僕の話を聞いてほしい」(クロちゃん)
AbemaTV「AbemaSPECIAL」チャンネルにて、毎週金曜夜24時よりレギュラー放送中の『GACKTプロデュース!POKER×POKER〜業界タイマントーナメント』で、装いもあらたに、第12期トーナメントに出場することが決まった各業界の代表者たち4名が発表された。

■『POKER×POKER〜業界タイマントーナメント』とは?
『GACKTプロデュース!POKER×POKER〜業界タイマントーナメント』は、ポーカーの国際大会に出場するほどの腕前を持つGACKTがプロデュースするポーカー番組。ポーカー初心者のプレイヤーに向けたGACKT自らが行うルール解説や、プレイヤーの心理状況を実況するスタイル、人気声優・加隈亜衣が声を演じるキャラクター・ダイヤちゃんによる役や用語のていねいなテロップ解説などもあり、ポーカー初心者でも十分楽める内容となっている。

これまでは月ごとにチャンピオンが誕生する形式で放送しており、過去に放送したトーナメントでは、番組タイトルにもあるとおり、各業界を代表する4人の出演者が己の業界を背負い、ポーカー勝負に挑戦。5月はアイドル界代表・矢口真里、6月はモータースポーツ界代表・小林可夢偉、7月は麻雀界代表・多井隆晴、8月はバラドル界代表・岡井千聖、9月はアイドル界代表の須藤凜々花、10月は女芸人界代表・バービー、11月はボクシング界代表・亀田興毅がチャンピオンに輝いた。

12月に開催されたグランドチャンピオン大会では8月大会王者の岡井千聖がグランドチャンピオンに輝き、1月大会はアーティスト界代表・EXILE NESMITH、2月大会はマジシャン界代表・KiLa、「AbemaTV」3周年記念大会はオオカミくん界代表・高橋文哉が優勝している。

現在、装いもあらたに放送中の「第11期トーナメント」第1試合では、レースクイーン日本一に輝いた林ゆめが、日本一黒いグラドル・橋本梨菜を、終始強気な姿勢で押しまくり、勝利。続いての第2試合は、GACKTオーナーが主題歌を歌っていた特撮ヒーロー・井上正大が、ビールの売り子界代表・ほのかのスーパー天然っぷりにペースを狂わされ、あえなく敗退! 決勝では、強気レースクイーン・林ゆめか、GACKTを惑わすほどの天然・ほのかか、どちらがチャンピオンに輝くのか!? 決勝戦の模様は5月3日夜24時からの放送で確認しよう。

■第12期トーナメントにクロちゃん&グラマラス美女参戦!
そして、今回あらたに発表された新しいトーナメントは、炎上芸人界代表・クロちゃんが参戦する第12期トーナメント。クロちゃん以外の3人はF・G・Hカップとグラマラス美女だらけ! 初戦は、AbemaTVの番組『買えるバトルクラブ』でも対戦経験のある、クロちゃんとHカップグラドル・清水あいりが激突。『買えるバトルクラブ』では清水あいりが2連勝したが、このポーカー勝負ではどうなるのか!? 清水あいりが負けると、セクシーな罰ゲームも待っているとのことで、勝負と合わせて要チェックだ。

第2戦は女流雀士界から2人目の刺客・岡田紗佳が、ファンクを歌うアイドル・奥津マリリと対戦。『POKER×POKER』第12期トーナメント第1試合の放送は5月31日夜24時から!

<第12期トーナメント参加者インタビュー>
■炎上芸人界代表・クロちゃん
Q.初戦の対戦相手がグラビアアイドルの「清水あいり」さんと聞いたときの感想は?
あいりちゃんと聞いたときに、あいりちゃんはグラビアアイドルなので、やはり男性を喜ばせるようなポーズとかサービスがうまいなと思ったんですけど、それがそのままポーカーにシフトしていくかどうかは微妙だなと思って。僕、あいりちゃんと何回か仕事もしていますし、喋っていて思うのは、ちょっと一辺倒なところがあるなと。一辺倒だと、そうやっていくんだっていうのがわかってしまうので、道しるべになっちゃいますから、切り崩すのは簡単かなって。

Q. マスカッツメンバーと共演が多いですが、雰囲気は似ていましたでしょうか?
マスカッツのメンバーもグラビアアイドルのあいりちゃんも良いですよね。男と女のラブゲームじゃないですけど、せめぎ合いができるのがいいなと思いますね。異性と戦うのって、やっぱり男としてもアドレナリンが出ますね。マスカッツのメンバーに対しても普段、膝を舐めることが多いんですけど、今度、ポーカーで戦うなら、丸裸にしたいと思いますね。

Q.対戦相手の皆さんに関して、胸が大きい方ばかりですが、その点はいかがですか?
胸が大きいってことは胸を強調したことがしたいんだろうと思うので、サービス的な感じで、胸を使った罰ゲーム的なのをさせようと思いますね。それが彼女たちの生きる道なので。

Q.GACKTさんが横にいることに関してはいかがでしょう?
GACKTさんの言葉にはすごい言霊があって、つい自分でフォールドって思って、降りようとしてても、GACKTさんが「そろそろ勝負どきだね」みたいな感じのことを言ったりすると、やっぱり耳に残っちゃってるから、つい勝負しちゃったことがありましたね、オーラがあるから。あとGACKTさんにもうちょっと僕の話を聞いてほしい。興味持って聞いてくれたはずなのに、シーン…となって通常会話が滑ったみたいになってます(笑)。

Q.恋愛的にはGACKTさんをどのように見ますか?
うまいですね。あと声の使い方が上手いなと思いました。低音で優しい感じで、褒めているようにも、けなしているようにもとれる言い方をしていると思うんですよ。GACKTさんは恋愛でめちゃくちゃモテるっていうのはわかるんですけど、僕も今モテ期なんで、GACKTさんに負けないくらいモテるはずなので、あいりちゃんは僕のこと好きになると思いますし、ディーラーの女の子もかわいいので、全員、僕にメロメロにして帰ろうと思いますね。

■グラドル界代表・清水あいり
Q.今日の対戦相手がクロちゃんと聞いてどのように感じましたか?
正直、またクロちゃんかよ(笑)と思いました。クロちゃんとは共演も多いんですけど、ポーカーと聞いて、いつもと違った対決になりそうだなと思っていたので、私も本気でいこうって思いました。

Q.クロちゃんと対戦していかがでしたか?
今回は、今までのクロちゃんじゃなかったんですよ。もう目つきが本当にほかの現場で会うクロちゃんじゃなかったんです。わっ! マジだ! って(笑)。

Q.GACKTさんとお会いするのは今回が初めてですか?
初めてです。緊張しましたし、実際に存在するんだ(笑)って。でも、すごく優しかったです。ひと言では表せないくらいのすごさを感じました。

Q.ポーカーの魅力について教えてください。
GACKTさんもおっしゃっていたように、心理が行動に表れるので、面白くて深いゲームです。

■女流雀士界代表・岡田紗佳
Q.ポーカーは初めてということですが、実際にプレイしてみていかがでしたでしょうか?
楽しいですね、本当に。麻雀やっている方で、ポーカーも好きな人が多くて、その魅力ってなんだろうって、今までわからなかったんですけど、実際にやってみて、「あー、これはハマるわ」みたいな感じでしたね。

Q.具体的にどういうところが?
麻雀と近いところがあって、確率のところと運要素、あと読み合い、麻雀に魅了されている人間なので、同じようなところがポーカーにもあって、ポーカーにも魅了されているんだと思いますね。

Q.逆に麻雀と違うところってありましたか?
ポーカーのほうが読みが深いような気がします。特に今日、ヘッズアップ(1対1)だったので、人読みも含めて、読めるものが多いなって感じがしましたね。やはり、使っているカードの枚数も少ないし、自分のカードが悪くても、ブラフでどうにかできるところもあって、それが楽しいですね。

Q.実況者が真横にいて、しかも、それがGACKTさんっていう、その点いかがでしたか?
今回、初めてだったので、自分が考えるヒントにもなったし、「あーこう考えるんだ」って、あとから「こうすればよかったな」って思うことがたくさんありましたね。

Q.いろんな話が飛び出ましたが、GACKTさんの印象はどうでしたか?
「こんなにスマートな男性っているんだな」っていう感じですね。ただただ、格好いいなっていう感じですよね。

Q.対戦相手がアイドルということに関してはいかがですか?
正直やりにくいなと思いました。どっちかというと、男性のほうがやりやすいなと最初から言っていたので、女性のほうが何を考えているかわからないところが多いので、やりにくいなと元々思ってました。

Q.GACKTさんのポーカーを広めたいという思いを今日感じられましたでしょうか?
めっちゃ感じましたね。多分、私も普通だったらやらないんだろうなって思うようなプレーも、あとからアドバイスくれたりとか、優しく「そうなっちゃうよね」とかフォローしてくださったので、本当にポーカーが好きなんだろうなっていうのはめちゃくちゃ感じました。元々わたし、ポーカー知らなかったんですけど、この番組のいちばん最初の塚本高史さんがやってるのを見て、ちょっと知識入っていたので、きっとわたしみたいな人はまだまだいっぱいいるんじゃないかなと思いましたね。

■アイドル界代表・奥津マリリ
Q.アイドル界代表としてオファーが来たときのお気持ちは?
そんなアイドルアイドルした真っ当なアイドルじゃないのに! と思って、本当に申し訳ない気持ちだったんですけど、今、バズっているアイドルということで、私たちの頑張りを評価して呼んでいただけたのかなと思って、勢いを出していこうかなって。

Q.アイドル界代表で出場されたのが矢口さんと須藤凜々花さんなんですけど、2人とも優勝されている。それを聞いてどうですか?
アイドルってやっぱり良い意味でも悪い意味でも偽っているというか、ステージ上で輝こうと作り上げた自分がいるから、やっぱりそういう面では精神的に強いのかなと思いますね。やっぱり偶像であるっていうのが強いポイントですかね。

Q.対戦相手が女流雀士の岡田紗佳さんと聞いたときはどうでしたか?
絶対勝てないって思って、何しに呼ばれたんだろうって思って、なんかもうコテンパンにやられる画を求められてるのかなと思って、なんかすごい悔しかったです。でも、ちゃんと食ってかかっていこうって思って、負けるなら負けるでちゃんと見せ場作らないとって思わないと、絶対負けちゃうと思っていました。だから最初ちょっとふざけちゃったんですよ。爪痕残さなきゃとか、ちょっと相手のペース崩しにいかないとって。作戦でもあったんですけど、まともにやりあっても勝てないから、ちょっと普通じゃない感じで行かないと勝てないと思っていました。

Q.GACKTさんが横でアドバイスしてくださっていたのは、いかがでしたか?
たぶん言っていることの3割くらいしかわかっていなかったと思うんですけど、でも3割を忠実にやったら勝てた場面っていうのがあったので、その3割だけはしっかり持って帰るようにしようと思っていました。

Q.大会にかける意気込みを!
アイドルだからって基本、ナメられていると思うんですよ。しかも、雀士の方と当てられるということは、たぶん負けるって思われている。だけど、そこがどう動くかは運なので、私の最近来てる運を使ってどんどん勝っていきたいです。

Q.この仕事が来たときの気持ちは?
正直に言って、「アイドル界ってー!」っていうのが。「まあでもGACKTさん会えるのかー」っていうのと雀士に当てられるっていうのは「どういう立ち回りをすればいいんだ…」って。でも変なことをして、全部オールインして盛大に負けるとか、そういう立ち位置なのかなと思って考えてたんですけど、でも頑張っちゃいました(笑)。

番組情報
AbemaTV『GACKTプロデュース!POKER×POKER〜業界タイマントーナメント』
◇第12期トーナメント
毎週金曜24:00〜25:00(全4回)
初回放送日時:5月31日(金)24:00〜25:00
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
出演者:GACKT
クロちゃん (炎上芸人界代表)
清水あいり (グラドル界代表)
岡田紗佳 (女流雀士界代表)
奥津マリリ (アイドル界代表)
ナレーション:加隈亜衣

放送URL
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/

AbemaTV『GACKTプロデュース!POKER×POKER〜業界タイマントーナメント』
https://abema.tv/video/title/90-995

GACKT OFFICIAL WEBSITE
https://gackt.com/

このニュースに関するつぶやき

  • 黒川とGacktって最低な組み合わせじゃないか。
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定