ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > ゲーム > ゲームは一日一時間!『Days Gone』7時間目で新たなキャンプに到着! そして、最悪の日を振り返る【特集】

ゲームは一日一時間!『Days Gone』7時間目で新たなキャンプに到着! そして、最悪の日を振り返る【特集】

2

2019年05月03日 19:03  iNSIDE

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

iNSIDE

写真ゲームは一日一時間!『Days Gone』7時間目で新たなキャンプに到着! そして、最悪の日を振り返る【特集】
ゲームは一日一時間!『Days Gone』7時間目で新たなキャンプに到着! そして、最悪の日を振り返る【特集】
!注意!
本記事には『Days Gone』のネタバレが含まれています。

皆さんは、ゴールデンウィークをどのようにお過ごしでしょうか。筆者は、生きるのに懸命な日々を、一日一時間限定で過ごしております。昨日は血にまみれたひとときでした。

『Days Gone』を毎日ちょっとずつプレイし、10連休10時間遊ぶこの企画。パンデミックの混乱に飲み込まれ、愛した女性・サラを失ったディーコンは、相棒のブーザーと共に、厳しい世界を生き抜いています。が、サラの生死について、わずかながら希望の芽が出てきました。果たしてディーコンは、この過酷な土地で希望を見いだせるのか。7時間目の幕開けです。

【関連記事】
・ゲームは一日一時間! 懐かしい言葉通りに『Days Gone』を遊ぶ10連休・10時間の旅─初日から、過酷な世界に戦々恐々【特集】
・ゲームは一日一時間! 『Days Gone』2時間目も危険な相手ばかり─リッパーに野盗、感染者・・・相棒は壊れないナイフだけ【特集】
・ゲームは一日一時間!『Days Gone』3時間目は“使いっ走り”でスタート、パンデミック後もこの世界はブラック社会【特集】
・ゲームは一日一時間!『Days Gone』4時間目で、野盗を襲撃し、感染者の群れと遭遇─鎮魂の墓地で新展開!?【特集】
・ゲームは一日一時間!『Days Gone』折り返しの5時間目で新展開に突入! それは希望への光明か、それとも・・・【特集】
・ゲームは一日一時間!『Days Gone』光明を見出しながらも、血に濡れた6時間目─バイクカスタマイズは、必須パーツから【特集】
◆新たなキャンプに辿り着いたディーコン、しかしその瞳は過去を見つめ・・・

新たなキャンプに辿り着くも、ディーコン自身は何度か足を運んでいたようで、責任者のタッカーとも顔見知りの模様。ゲーム開始直後にディーコンが殺めたレオンの帽子を渡すと、「仕事ができる男がいて助かるよ」とタッカーが喜びます。どうやら、レオンを追ったのは彼女からの依頼だったようです。



キャンプを仕切る苦労を愚痴られつつ、生存者を連れてこいとの依頼を受けます。労働力の確保は、どこのキャンプでも大きな課題なのでしょう。外の世界と比べれば、キャンプは比較的安全なので、引き受ける仕事としても問題はなさそう。


探索の前にショップへ寄ってみると、コープランドのキャンプにはなかった武器が! 正直、手持ちの小火器は物足りなかったので、念願の火力が手に入りそうです。・・・ただし、信頼度さえ上がれば・・・。一応、最低限の武器は買えるものの、貴重なクレジットを払うほどの魅力は感じないので、残念ながら今回は見送りです。軍事支給品レベルの武器とか、いいなぁ。


そういえば、レオンが隠した薬を回収していました。どうやら、コープランドとタッカー、そのどちらに渡すのかを選べるようです。以前、コープランドから薬の回収を頼まれていたので、道理を通すならそちらでしょう。


無理を通せば道理は引っ込む! うちのディーコンは、タッカーに即決です。コープランドは今ひとつ信用できませんし、新しい武器も欲しい。欲望には逆らいません。こんな時代ですからね。しかし、信頼レベル2までは、あと6,000も足りず。信頼を得るって難しい。


少しでも信頼を稼ぐべく、キャンプ近くにあった感染者の巣を焼き討ち。信頼を勝ち取るのは、行動と態度に他なりません。


屋内の感染者も綺麗に掃除。この手の仕事は、すっかり手慣れたものです。



とはいえ、群れはちょっと・・・いえ、絶対に勘弁。薄暗くて見えにくいものの、マークを付けるとヤバさがハッキリ分かります。一体、どこからこんなに・・・。


残念ながら、進行方向が群れの行き先と同じなので、気づかれないよう尾行する形に。最後尾を担当する引率の先生のようです。はぐれたらダメですよー。


ほら。はぐれたりするから、こんな目に遭うんだよ・・・ね?(満面の笑み)


とはいえ、流石にこの数は殲滅できないので、見つからないように迂回。この数を倒せれば、そうとう信頼度が上がりそうなのに。惜しい・・・。


こうして辿り着いたのは、サラが避難した難民キャンプ。彼女が乗ったヘリはここに向かい、そして感染者の襲撃を受けてしまいました。どうやらディーコンは、この地にたびたび訪れているようです。

ちょっと前のプレイで、サラが生きている芽は出てきたものの、可能性は低いとも考えているディーコン。そんな複雑な気持ちを抱えつつの来訪です。


しかし傷心に浸るのも、この世界では贅沢な行為。忘れられない土地にも、感染者たちが蔓延っています。



ディーコンにとって特別な場所だけに、感染者の横行は許せるものではありません。しっかりと殲滅してから、サラの墓標へ向かいます。


『Days Gone』の物語は、ディーコンとサラの別れから始まります。パンデミックの最中、すでに負傷した彼女を助けるべく、強引ながらもヘリに乗せ、しばしの別れと言い聞かせるように指輪をサラに手渡したディーコン。プレイヤーである筆者にとっては、累計で7時間ほど前の記憶ですが、ディーコンにとっても昨日のことのように思い出せる光景なのでしょう。


更に想いを馳せたディーコンは、その最悪の日を振り返ります。パンデミックで混乱する街中で、サラとディーコンは安全な場所を求めて彷徨っていました。



そして、感染者の少年に腹部を刺されたサラ。救いを求めるものの、NEROの兵士すら亡骸で横たわるばかり。


合流したブーザーも足に酷い怪我を負っており、絶望的とも言える状況です。


避難した倉庫のすぐ外にも、感染者の影が。すぐに移動を再開する3人。しかし、脅威は感染者だけではありませんでした。


妻が殺され、錯乱して銃を乱射する男。境遇には同情するものの、その凶行は危険で、見過ごすことはできません。なんとか説得を試みるディーコン。しかし、男は聞く耳を持たず・・・。


戻ってきたディーコンを気遣うサラ。しかし、彼は何も答えません。シャツの返り血についても。



ようやく、NEROのヘリに辿り着いたディーコンとサラ。対応した人物がオブライアンだと、改めて確認できます。



再会を約束する指輪。そして飛び立つヘリ。


──以前よりもより深く、あの日の出来事を描いた一幕。彼らの身に降りかかった災難が、想像以上に厳しかったことを思い知らされました。彼女をヘリに乗せた決断を、ディーコンは今も悔やんでいるのでしょうか。


そんな彼を頭上を、NEROのヘリが横切りました。NEROは、別れた後のサラに何があったのかを知る、唯一の手がかりです。



そして、このNEROのヘリを追いかけるミッションが発動。ディーコンとしても、またプレイヤーとしても見逃せないところです。この他には、タッカーが新しい仕事を任せたいようなので、次の1時間はどちらかのミッションで幕を切ります!



ゲームは一日一時間!『Days Gone』光明を見出しながらも、血に濡れた6時間目─バイクカスタマイズは、必須パーツから【特集】.
ゲームは一日一時間!『Days Gone』折り返しの5時間目で新展開に突入! それは希望への光明か、それとも・・・【特集】.
ゲームは一日一時間!『Days Gone』4時間目で、野盗を襲撃し、感染者の群れと遭遇─鎮魂の墓地で新展開!?【特集】

このニュースに関するつぶやき

  • 7まで見た メモ GWで完結せずに終わっちゃうのかな!完結まで続けてほしいな
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 群れは昼間にチクチクと焼き討ちすれば装備が整ってなくとも殲滅は出来るよね。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定