ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『家政夫のミタゾノ』が安倍政権の風刺テンコ盛り! 総理のお友だち優遇、忖度、トカゲの尻尾切り、改ざん…

『家政夫のミタゾノ』が安倍政権の風刺テンコ盛り! 総理のお友だち優遇、忖度、トカゲの尻尾切り、改ざん…

2

2019年05月07日 15:40  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真テレビ朝日ホームページより
テレビ朝日ホームページより

第二次安倍政権発足以降、相次ぐ言論弾圧や懐柔によってすっかり自粛と忖度体質を身につけてしまったテレビ報道だが、その一方で、ドラマでは、安倍政権を風刺し、日本が直面する現実や事件をモチーフに描いた作品が増えている。



 たとえば2018年正月に“官邸のアイヒマン”北村滋内閣情報官をモデルにしたような人物を登場させ、その翌年にも安倍政権の暗部を彷彿とさせる内容のドラマを放映した『相棒』(テレビ朝日)、やはり御用ジャーナリスト・山口敬之の性暴力隠蔽を想起するような内容を描いた『アンナチュラル』(TBS)、2019年には『グッドワイフ』(TBS)が検察と政権の癒着や違法捜査を描いて大きな話題になった。



 そして、つい最近、やはり安倍政権下で巻き起こっている様々な不祥事、スキャンダルを想起させるドラマが放送された。5月3日に放送された『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日)シーズン3の第3話だ。



このドラマはTOKIOの松岡昌宏演じる家政婦の三田園薫が、派遣先の家庭を覗き見してその様々な問題や内情を暴き、さらに問題を解決して家族を再生へと導くというコメディタッチの人気シリーズ。今回、放送された3話で三田園が派遣された先は、次期総理の座が確実視されている内閣官房長官・内部忠(小堺一機)の家庭であり、大きなテーマとなっていたのがズバリ“総理への忖度”だった。



 三田園が派遣される直前、「クリーンすぎる内閣」として高い支持率を維持してきた矢那公平内閣が新設した「総理大臣医薬化学賞」の授賞式が行われた。この賞を受賞したのは、若返りの新薬を発明した落合康介教授(大堀こういち)。しかし、その研究データが、改ざんされたという疑惑が浮上する。もしこれが明らかになれば、政権へのダメージは必死だ。しかも内部は矢那総理から「あとは色々頼んだよ」と曖昧にだが総理禅譲を約束されてもいた。そのため内部はデータ改ざんを闇に葬ろうとさまざまな画策を試みるのだ。



 まず、データに偽装があったかどうかを秘書に確認する内部だが、そこではこんな会話がなされている。



内部「こっちでも論文のデータをチェックしたんだろ?」

秘書「はい、そのはずです」

内部「そのはずって」

秘書「実は審査部でチェックした人間を探したのですが、誰もが下の者にチェックするように言いましたと。下の者をたどっていったんですが」

内部「チェックした人間が見当たらないのか」

秘書「はい」



 安倍政権下で起こったさまざまな改ざん事件でも、責任ある幹部、政府関係者は誰一人として責任を取っていないが、内部ではこんな会話がかわされていたのではないかと思わせるようなシーンだが、これはまだ序の口だ。



 ドラマでは、政府・官庁だけでなく新薬の当事者である落合教授が、データを改ざんしたのは部下である准教授にあると嘘の言い訳をするのだが、それを聞いた内部は早速、矢那総理に電話でこう報告する。



「そうか。大丈夫なのか?」

「もちろん。万が一にもあの、総理に火の粉が降りかかることはありませんので、ご安心ください」

「いろいろと、頼むよ」



 しかし、データ改ざんが週刊誌「週刊文鳥」によってすっぱ抜かれる事態となったことで、データ改ざんはあくまで准教授の責任だが、落合教授にも監督責任があることを事前に公表し、事態を収束させようとする内部。そしてその“戦略”を矢那総理に報告するのだが、矢那総理からは意外な言葉が返ってきたのだ。



「はい、記事が出る前に手を打ちます。ここは落合教授の監督責任ということで処理をしようかと」

「それはどうだろうな」

「はい?」

「あいつは私の古い友人なんだよ」



 驚いて顔色が変わる内部。そして声をひっくり返してこう叫んだ。



「ええっ!! お友だちなんですか? それは初耳です!」



●松岡昌宏が「忖度。1を聞いて 10を悟る、総理の右腕は素晴らしい」と皮肉



“総理のお友だち”であることを知った内部は落合教授への態度を激変させ、責任をとらせるどころか、こびへつらい始める。内部の様子に不審を持った秘書がかわって教授の責任を追及しようとするが、内部は秘書にこう耳打ちした。



「落合教授は総理のご友人だ、わかるだろ?」



 そう、『家政夫のミタゾノ』は、安倍政権下で起きた一連の事件を徹底的に風刺していたのだ。



 安倍首相の「腹心の友」である加計孝太郎氏率いる加計学園の国家戦略特区での獣医学部新設、そして安倍首相夫人の昭恵氏と親交があったことで近畿財務局がその態度を激変させた森友学園問題など、度重なる“お友だち”優遇を皮肉り、総理に対する過剰な“忖度”の内実をこれでもかとばかりに描く。



 実際、忖度という言葉はこのシーン以外にも何度も登場し、三田園が官房長官の内部について「忖度。1を聞いて 10を悟る。総理の右腕としては素晴らしい」と皮肉るシーンまで出てくる。



 さらに、ドラマでは、不祥事が明るみに出ても、総理が最後まで責任逃れをする様子まで描かれる。落合教授が自らデータ改ざんをしたことを認め、政権は追い詰められていくのだが、内部官房長官と総理の間でこんな会話が交わされるのだ。



内部「総理は何も知らなかったことにしますので」

総理「なあ内部、落合くんは友だちだ。友だちは大事だよね。いろいろ頼むと言ったよな。誰かが責任をとらないといけない」

内部「はい、それは。それはことが収まれば、私は大丈夫ということでしょうか? 大丈夫といっていいでしょうか?」

総理「わかるよね」

内部「(諦めたように)はい、わかりました」



 これも安倍政権における“トカゲの尻尾切り”がどう行われたかを想像させるようなシーンといっていいだろう。



●ドラマが政権批判する一方、報道やワイドショーは政権忖度だらけのテレビ朝日



 このように様々な安倍政権風刺が随所に散りばめられていた『家政夫のミタゾノ』。しかも、今回の作品が素晴らしかったのは、エピソードが直接的でありながら、それをテンポ良く軽妙に描き、見事にコメディとして成立させていたことだ。まさにコメディの神髄を見せてくれたといってもいいだろう。



 実際、放送後の評判も上々で、ツイッターでは、〈今日のミタゾノさん、忖度が題材で面白いw〉〈今日のミタゾノさん、データ改ざんに隠蔽、総理の旧友ワード登場で忖度発動すごいw〉〈昨日の家政夫のミタゾノが総理と官房長官の隠蔽、ごまかし、忖度 についてで面白かった〉〈「家政婦のミタゾノ」、『改ざん』『忖度』『トカゲの尻尾切り』『ジャーナリズム』のキーワードが出まくり。テレビ朝日攻めるね笑〉といった感想が投稿され、俳優の城田優もこの回の放送直後に〈“家政夫のミタゾノ” 面白い〉とツイートしていた。



 テレビ局は政権批判ができない言い訳として、「ウケないから」などとよく言うが、こうした感想を見ていると、むしろ、視聴者の間には政権批判をしないメディアへのうっぷんがたまっていることがよくわかる。



 それは、テレビ局内も同様だ。冒頭でテレビの報道が政権を忖度し、批判報道がどんどん抑えられている現状を指摘したが、なかでもひどいのがこの『家政夫のミタゾノ』の放送局であるテレビ朝日だ。『報道ステーション』や『羽鳥慎一モーニングショー』などニュースやワイドショーは見る影もなくなってしまった。



 そのテレビ朝日が今回のような政権を風刺するドラマをたびたびつくっているのは、同局のドラマの現場に、いまの政治や言論状況に危機感を抱く良心的なテレビマンがいることの証明でもある。政権の顔色ばかりをうかがっている報道やワイドショーの人間は、この姿勢を少しは見習ったらどうなのか。

(林グンマ)


このニュースに関するつぶやき

  • だから加計さんを優遇していませんよ。憶測で決めないで。
    • イイネ!9
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定