ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 【ネタバレあり】話題の映画『愛がなんだ』を本音レビュー / 24時間捧げるテルコの片思いがなかなか報われない理由

【ネタバレあり】話題の映画『愛がなんだ』を本音レビュー / 24時間捧げるテルコの片思いがなかなか報われない理由

0

2019年05月07日 18:52  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真


【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『愛がなんだ』(2019年4月19日公開)です。公開してだいぶ経ちますが大好評で、上映回数を増やしてる劇場もあるほどです! 角田光代原作、岸井ゆきの、成田凌が共演するリアルラブストーリーは、マモちゃんを演じる成田凌さんの「追いケチャップ」シーンが話題になりましたね! でも本作の面白さはそれだけじゃないのです。では本作の強烈な片思いを物語から追っていきましょう。

【物語】

友達の結婚式の二次会で出会ったテルコ(岸井ゆきの)とマモル(成田凌)。マモルの綺麗な手に惹かれたテルコはいつの間にか彼に夢中になっていました。マモルからの電話が来たら、仕事をサボっても駆けつけるテルコ。しかし、マモルはテルコを呼び出しておきながら、用が済んだら「帰ってくれる?」と冷たい態度をとることもしばしば。そんなマモルの真意が掴めないテルコでしたが、何より大事にしていたのは「マモちゃんが好き」という気持ち。でも、そのマモルに好きな人ができたのです……。

【24時間ずっと連絡を待っているテルコの報われない片思い】

片思い映画は世界中に溢れるほどありますが、こんなにポジティブで図太い片思いヒロインは珍しいかもしれません。大好きな彼に冷たくされたら「私じゃダメなのかな」と切ない気持ちになるものですが、テルコはマモちゃんから何を言われても何をされても「マモちゃんのことが大好き」なので、全然めげません。とにかく24時間マモちゃんに捧げるテルコですが、彼女が「ヤバイ女」にならないのは、マモちゃんをストーキングしたり、束縛したりせず、ひたすら彼からの連絡を待つスタンスであることに加え、彼女なりの愛し方を模索していく姿が見られるからです。

【追いケチャしても一緒に寝ても恋人じゃない理由】

マモちゃんはテルコに「追いケチャップ」(つまみ食いしたテルコの口の中にマモちゃんが指でケチャップを入れる)して、彼女の心臓をバクバクさせたり、朝まで飲み明かした後「家来る?」と呼んでラブラブな一夜を送ったりします。

テルコが「告白はないけど、20代後半の恋愛はこうやってなんとなく始まるのではないか」と思い「私たち付き合ってるっぽい」と思い込むのは当然だと思うんですよね。でも二人は両想いになりません。

マモちゃんは、映画の中盤で自分でも語っていますが「自分に自信がない」。だからテルコが自分のことが大好きなのがよくわからず、仲良くなるほどグイグイと自分のテリトリーに入ってくるテルコにイライラしたりします。なぜならマモちゃんは尽くされることに喜びを感じる男じゃないから。

いっぽうで、彼が好きになるすみれさん(江口のりこ)はガサツで自由奔放で人に尽くすことなどゼロ。でも、そんなすみれさんの世話を焼くことに喜びを感じているマモちゃんは、テルコみたいな男なのかもと思いました。テルコがマモちゃんを思うように、マモちゃんはすみれさんを思っている。だから永遠の片思いなのでは……と個人的には思うのです。

【岸井ゆきの&成田凌の素晴らしさ】

この映画は、演出&主演の二人が素晴らしいです。「追いケチャ」は成田凌さんのアドリブで、今泉力哉監督は「最初に見たときの衝撃ったらなかった」と語っていますが、このシーンも含め、主演の二人が作り上げたテルコとマモちゃんの世界がスクリーンで輝いていました。うっとおしいくらい尽くすテルコなのに軽やかに見えるのは、岸井ゆきのさんがテルコの片思いをポジティブに演じ切ったことに尽きると思います。マモちゃんを演じるには成田さんはかっこよすぎる説もありますが、私はほどほどのカッコよさで良かったともいます。でないとイチャイチャシーンにキュンキュンできなくないですか?

二人以外にも江口のりこさん演じるガサツなすみれさんの魅力、テルコの親友、葉子(深川麻衣)と彼女に片思いをするナカハラ(若葉竜也)の不思議な関係など、人と人との深い交流が描かれています。

人付き合いって面倒くさい一面もあるけど、やっぱり人はひとりじゃ生きていけないし、成長できないんですよね。そんなことも感じさせてくれる映画『愛がなんだ』。女子は共感度が高い作品だと思います!

執筆=斎藤 香 (c)Pouch

『愛がなんだ』
(2019年4月19日よりテアトル新宿ほか全国ロードショー)
監督:今泉力哉
原作:角田光代『愛がなんだ』(角川文庫刊)
出演:岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、穂志もえか、片岡礼子、筒井真理子、江口のりこ
(c)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

この記事の動画を見る

    あなたにおすすめ

    ニュース設定