ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 2打席目は吉田輝星の勝ち 高め速球で空振り三振

2打席目は吉田輝星の勝ち 高め速球で空振り三振

1

2019年05月08日 14:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真日本ハム・吉田輝星
日本ハム・吉田輝星
◆ 前回対戦に続いて通算3つ目

 13時からロッテ浦和球場で行われているファーム公式戦・ロッテ−日本ハムの一戦で、注目の“ゴールデンルーキー対決”が実現している。

 ロッテのドラフト1位ルーキー・藤原恭大と、日本ハムのドラフト1位ルーキー・吉田輝星。両者は昨年夏の甲子園・決勝で全国制覇をかけて戦い、その時は藤原が4打数3安打と躍動。チームを全国制覇へと導いた。しかし、プロ入り後の公式戦初対決となった4月13日の鎌ヶ谷の試合では、吉田が2打席連続で3球三振に仕留める完勝。今回は会場を浦和に移しての“再戦”となった。

 最初の対決はレフトへクリーンヒットを放った藤原の勝利。迎えた2度目の対決は3回裏、一死走者なしの場面。吉田は初球の変化球が外れるも、低めの速球で見逃し・ファウルとカウントを整えて2ストライク。4球目の変化球は高めに抜けたが、5球目に投げ込んだ高め速球に藤原のバットは空を切り、結果は三振。吉田が第1打席の“リベンジ”を果たした。

 吉田は3回まで走者を背負いながらも、3奪三振で無失点の力投。試合は日本ハムが1−0でリードしており、吉田は7度目の登板で公式戦初勝利となるか、こちらも注目が集まる。

このニュースに関するつぶやき

  • 「ゴールデンルーキー」が二軍の試合で対戦って、どういう冗談だよwwwww
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定