ホーム > mixiニュース > コラム > 透析病院で院内感染対策を訴えた看護師がパワハラ被害に!「きれいごと言うな」「金がかかる」と使用済み注射針を…

透析病院で院内感染対策を訴えた看護師がパワハラ被害に!「きれいごと言うな」「金がかかる」と使用済み注射針を…

1

2019年05月10日 14:00  リテラ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真写真

 大好評を博している「ブラ弁は見た!」。筆者が担当した第6回では、パチプロよろしく、スロットの目押しができないことを理由に解雇されてしまったという元パチスロ店の従業員のエピソードを紹介させていただいた(第6号参照 https://lite-ra.com/2018/01/post-3750.html)。職場環境というものはとても大切で、そのパチスロ店では、男性上司から女性社員に対するセクハラが日頃から横行していた。「何をやっても許される」という日頃からの社内の文化が、無茶苦茶な解雇につながってしまったことは明らかである。



 今回も、日頃からの職場環境の悪さが、悲劇へとつながってしまったという事例を紹介することにしたい。



 舞台は、とある腎透析病院である。この病院では、院内感染対策が不十分であることや、医療スタッフに業務知識がないことが、地元の他の病院でも話題となっていた。



 病院の立て直しのため、院内感染対策を整備しなおし、スタッフ教育まで行える人材を確保することが急務であった。そこで白羽の矢が立てられたのが、様々な病院で院内感染対策に従事してきた経験の豊富な、ベテラン看護師のTさんであった。



 病院の実質的経営者である事務長は、Tさんに対して何度も入職を誘いかけた。その結果、Tさんはその病院に入職することに決めた。



 Tさんはさっそく、感染管理マニュアルを作成し、スタッフに対する教育を実施した。ところが、Tさんを待っていたのは、古くからのスタッフからの猛反発であった。古くからのスタッフのなかには、医療機関であるにもかかわらず、用便後に手を洗わない、注射針の処理も適当、針から血液が漏れてシーツに飛び散っても知らんぷり、診療記録も自分の想像で書いてしまうといった問題行動を繰り返す者がいた。Tさんは、そのような問題行動に対してきちんと指導をしていたところ、古くからのスタッフは言うことを聞かず、むしろそのようなTさんの意見を煙たがるようになった。



 入職してしばらくは、事務長は特に意見を述べていなかったが、Tさんは入職して数カ月後、使用済み注射針の処理について、所定の管理ボックスに入れて厳重に保管するべきだという意見を事務長に述べた。使用済み注射針は、万が一散乱してしまうようなことがあると、針に付着している血液を媒介して、とたんに院内感染が広がってしまいかねない。そのため、医療機関においては、専用の黄色い針回収ボックスに入れ、入れたら二度と取り出さないようにするという取り扱いにしなければならない。



 ところが事務長は、「きれいごとばかり言うんじゃない!」「ばーか。こんなことをしているから金がかかるんだ。いくらかかると思っているんだ」「適当な箱にいったん針を捨て、その後箱から針を取り出してゴミ箱に捨てるようにしなさい」などと、突然Tさんを罵倒し始めた。



 Tさんは、院内感染対策を進めるために入職したからこそ、どの医療機関でも普通に実施している初歩的な感染対策について進言をしたにもかかわらず、全否定されるばかりか、人格までも否定され、大変なショックを受けた。



 以降、Tさんは事務長から連日罵倒され、挙句の果てに退職勧奨を受けるようにもなった。



 理不尽極まりない壮絶なパワハラを受け続けたが、職員はTさんの言うことを聞かず、味方になってくれる者もいなかった。苦しい立場に追い込まれてしまったTさんは、うつ病を発病してしまい、勤務ができなくなってしまった。



●職場環境を整えないブラック経営者は、顧客にも冷たい



 その後、社外の労働組合に加入し、団体交渉を申し入れ、休職期間(所定では1カ月しかなかった)の延長、労災申請手続への協力、職場環境整備について議論するも、病院は聞く耳を持たなかった。



 結局、うつ病がわずか1カ月で治るわけもなく、休職期間満了で自動退職扱いとなってしまった。



 その後、労働委員会を舞台に、病院の対応の違法性が争われることになった。



 しかし、労働委員会等での最終解決を待っていると、この病院で院内感染が現実に生じ、取り返しのつかない状態になってしまうことが懸念された。唯一院内感染対策を精力的に進めていたTさんが職場から追い出されてしまったため、対策はさらにおざなりにされることは明らかであったためである。



 そこで、組合は、地元の保健所に指導を要請するとともに、県議会でも追及してもらうという取り組みを開始することにした。保健所もまた、この病院のひどさを問題視し、立入検査が何度も行われ、Tさんが指摘していた事項を是正するよう指導する指導文書が出されることとなった。



 労働委員会では、職員に対する尋問も実施されたが、出廷した職員自身の口から、「病院の中は物が散乱していた」という証言が出てくるほど、院内感染対策の稚拙さが浮き彫りとなった。



 労働委員会のなかで、解決の道筋が探られた結果、社会的に見て相当な内容の解決が図られることとなった。



 保健所からどのような指導が出されたかといった本件についての詳細は、組合のホームページ(https://uniyokosuka.web.fc2.com/)に情報が出ているので、ぜひご覧いただきたい。



 職場環境を整える気のない経営者は、職員や顧客に対しても冷たい。そのことを実感させられた事件であった。



 円満解決が図られたものの、ご本人が受けた精神的苦痛が慰藉されるにはほど遠い。特に今回は、うつ病にまでかかってしまい、キャリアを壊されてしまったのだから、なおさらである。



 パワハラを行った経営者には、厳しい罰則が加えられる世の中になってほしいと、切に願う次第である。



【関連条文】

パワハラの違法性 民法709条

職場環境整備に関する会社の責任 民法715条、労働契約法5条



(弁護士 笠置裕亮/横浜法律事務所https://yokohamalawoffice.com/)



**********

ブラック企業被害対策弁護団http://black-taisaku-bengodan.jp



長時間労働、残業代不払い、パワハラなど違法行為で、労働者を苦しめるブラック企業。ブラック企業被害対策弁護団(通称ブラ弁)は、こうしたブラック企業による被害者を救済し、ブラック企業により働く者が遣い潰されることのない社会を目指し、ブラック企業の被害調査、対応策の研究、問題提起、被害者の法的権利実現に取り組んでいる。

この連載は、ブラック企業被害対策弁護団に所属する全国の弁護士が交代で執筆します。


    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定