ホーム > mixiニュース > 海外 > ヘンリー王子がオランダ訪問 “パパ初公務”は終始笑顔で

ヘンリー王子がオランダ訪問 “パパ初公務”は終始笑顔で

0

2019年05月12日 10:41  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真満面の笑みを見せるヘンリー王子(画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年5月9日付Instagram「The Duke of Sussex today attended the official launch of The Invictus Games The Hague 2020.」』のスクリーンショット)
満面の笑みを見せるヘンリー王子(画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年5月9日付Instagram「The Duke of Sussex today attended the official launch of The Invictus Games The Hague 2020.」』のスクリーンショット)
現地時間6日に第1子アーチーくんが誕生したばかりの英王室ヘンリー王子。9日には早くも公務を再開し、オランダ・ハーグを訪問した。“パパ初公務”となったこの日は行く先々で祝福の言葉をかけられ、終始笑顔で応えていた。

2019年5月6日、英王室ヘンリー王子とメーガン妃夫妻のもとに第1子となる男児が誕生した。かねてから父親になることを夢見ていたヘンリー王子は「月をも飛び越えそうな気分」と我が子の誕生を喜び、その2日後には「アーチー・ハリソン・マウントバッテン-ウィンザー(Archie Harrison Mountbatten-Windsor)」と名付けたことを発表した。

そんな我が子誕生に興奮冷めやらぬなか、“新米パパ”のヘンリー王子は3日後に公務に復帰。来年5月9日〜16日に開催される「Invictus Games(インヴィクタス・ゲーム)」のオフィシャル・カウントダウンイベントに出席するためオランダ・ハーグを訪問した。

「Invictus Games(インヴィクタス・ゲーム)」はヘンリー王子が中心となって開催される、負傷兵たちによる国際スポーツイベントだ。19か国からおよそ500人が参加するパラリンピックスタイルの同イベントは、シッティングバレーボール(座った姿勢で行うバレーボール)や車椅子バスケットボール、インドアローイング(ボート)など種目ごとに国別に対戦する。2017年にカナダ・トロントで同イベントが開催された際には、当時交際中だったヘンリー王子とメーガン妃が公の場で手を繋ぐ姿が目撃され話題を集めた。

「Invictus Game」開催に向け様々な活動に従事する人々と交流したヘンリー王子、この日は “INVICTUS FAMILY DADDY(インヴィクタス・ファミリー・ダディ)”とグレーのロゴが入った黒いジャケットを着用していたのだが、一部のアルファベットのみ黄色で、その部分を繋げると“I Am DADDY”とも読めるデザインになっている。

このジャケットを着て楽しそうに自転車にまたがる姿やアーチーくんにプレゼントされたベビー服を広げて見せる姿は、ヘンリー王子とメーガン妃の公式Instagramアカウントでも公開されており、父親になった喜びをかみしめている様子が伝わって来る。コメント欄には、

「こんなにハッピーなヘンリーの姿は初めて見たよ!」
「こちらまで幸せな気分にさせてくれる素晴らしい笑顔をありがとう」
「素敵なパパを持ったアーチーくんは幸せだね」

といった言葉が多数書き込まれている。

愛息の誕生によりキャンセルの可能性も噂されていた今回のハーグ訪問、結果的にアムステルダム行きは見合わせ、当初2日間だった滞在予定を日帰りに変更することになった。それでもオフィシャルカウントダウンにきちんと姿を現したヘンリー王子には、

「赤ちゃんが生まれたばかりなのに、ハーグに来てくれてありがとう」
「なんというコミットメント!」
「『Invictus Games』にかける情熱がすごい」

と称賛の声もあがっている。ヘンリー王子にとってそれだけ特別な思い入れのある「Invictus Games」、来年は妻メーガン妃、そしてちょうど1歳を迎えるアーチーくんと家族3人でゲームを観戦する姿が見られるかもしれない。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年5月9日付Instagram「The Duke of Sussex today attended the official launch of The Invictus Games The Hague 2020.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定