ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 唐沢寿明と真木よう子、刑事ドラマ『ボイス』で初共演「バディになる過程が見どころ」

唐沢寿明と真木よう子、刑事ドラマ『ボイス』で初共演「バディになる過程が見どころ」

2

2019年05月13日 05:11  テレビドガッチ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

唐沢寿明と真木よう子が、7月スタートの新ドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系、毎週土曜22:00〜)に出演することが決定。3年ぶりに日テレ土曜ドラマで主演を務める唐沢が演じるのは、猟奇殺人犯に妻を殺され犯人への復讐に燃える敏腕刑事という役どころ。また、日テレドラマ初出演となる真木は、緊急指令室の室長で、絶対聴感能力を持つボイスプロファイラーを演じる。

本作は、通報を受けて「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」が使命とされる警察の緊急指令室を舞台に、迫りくる凶悪犯罪者から、声を手掛かりに被害者を助ける新感覚タイムリミットサスペンス。

唐沢は、情熱的で時に感情任せに動いてしまうが、後輩からの信頼も厚い昔気質の刑事・樋口彰吾(ひぐちしょうご)を演じる。3年前、正体不明の暴漢により妻を撲殺された樋口は、妻からの助けを求める電話に気づかなかったことが重い十字架となってのしかかっていた。

そんな樋口とバディを組むことになるのは、真木演じるボイスプロファイラーの橘ひかり(たちばなひかり)。幼少期、事故で目をケガしてしまったが、同時に微かな音も聞くことのできる絶対聴感能力を手に入れたひかりは、警察大学を首席で卒業した後、緊急指令室で働いていた。ある日、樋口の妻が暴漢に襲われ、逃げながら緊急指令室に電話で助けを求めるも、無残に殺されてしまうという事件が発生。さらにその後、警官として現場付近を巡回していたひかりの父親も同じ男に撲殺されてしまう。

樋口の妻からの電話を受けたひかりは、何もできなかったという失意と悔しさから、やがてボイスプロファイルの専門家となり、緊急指令室の室長に就任。室内に独自の捜査チーム・ECU(Emergency Call Unit)を新設する。

妻を亡くして無気力になっていた樋口は、ひかりが緊急指令室の室長に着任したことを知り、指令室に乗り込む。ひかりは、樋口の妻を殺した容疑者・相良卓也の裁判で、証人として出廷し、「事件の時に聞こえた声が、相良とは違う」と証言。あくまでも犯人は別にいると主張した結果、相良は釈放され、事件は未解決となっていた。

「聞こえもしない音を、何で聞こえると言ったんだ! 何で犯人をかばった!?」と問い詰める樋口に、「……私が真実を話したら、信じてくれますか?」と聞き返すひかり。その時、緊急指令室に、誘拐拉致被害に遭った若い女性から助けを求める電話がかかってくる。

妻を殺されて犯人への復讐に燃える刑事の樋口と、父を殺されたボイスプロファイラーのひかり。愛する人を理不尽に失った過去を持つ2人が徐々に信頼関係を築き上げ、被害者たちからの生きたいと願う“声”を手掛かりに、事件を解決していく。

以下は2人のコメント。

<唐沢寿明 コメント>
『ボイス』はストーリー展開がとても面白いと思いますし、演じる上でも視聴者がどんどん引き込まれていくエンターテイメント作品にしていきたいと思っています。刑事ドラマといっても『ボイス』はこれまで自分が演じたものとは全く違う刑事像になります。毎回、違う印象の役をやらせてもらえることはとてもやり甲斐を感じますし、作品を見てくださる方々にそういった部分も楽しんでいただければと思います。

真木さんとは前から一度共演できたらなと思っていました。彼女は俳優としていい意味で陰があって、悲哀がある……深いストーリーを演じることができる方だと思いますし、今回の役も彼女にとても合っていると思います。ドラマでは最初、真木さん演じるひかりの持つ能力を信じられずに反発するのですが、そこからどう信頼が生まれていくのかも見どころです。

新しい作品に入るときに自分の中で絶対にブレないのが、毎回「面白い作品を作っている」という自負があることです。今回も絶対面白いドラマになるので、皆さんには楽しみにしてほしいです。面白くなりますよ!

<真木よう子 コメント>
警察官の役はこれまでもさせてもらっていて、クールで男っぽい役が多かったのですが、今作は「人の命を救いたい」という正義感と優しさを持った、どちらかというと女性らしく真っすぐに戦おうとする役です。「真犯人を突き止める」という自分の信念は真っすぐ持ちながらも、カッコよく男っぽくという方向ではなく、人の命を救うためにチームを作り上げるという、新しい女性像を演じていきたいです。

日本テレビのドラマとして今回が初出演なのですが、私にオファーして頂きありがたいです。期待に応えられるよう精一杯演じたいと思います。

唐沢さんとは初共演ですが、現場の空気を明るくしたり役に熱心に取り組んだりメリハリを持っている方と勝手なイメージがあります。今から楽しみだしドキドキしています(笑)。

最初は、唐沢さん演じる樋口に、私が演じるひかりの正義や能力をなかなか信じてもらえませんが、徐々にお互いを信頼し合ってバディになっていきます。その過程を、見て下さる方が納得してもらえるように丁寧に演じていきたいです。

『ボイス』は、番組をご覧になる方がいい意味で裏切られるような、見応えのあるドラマです。物語の軸がしっかりしており、ハラハラドキドキしながら先の展開を見守ってください。全ての方に向けて「面白いです」と胸を張って言える作品です!

    あなたにおすすめ

    ニュース設定